バリュートラスト|価値を生む・未来を託す・投資を歩く

実践重視の投資と家計管理の記録、運用管理に役立つアセットツール、最新ニュースをお届けする投資ブログです。

最新記事(2/74ページ)

楽天証券がPTS取引サービスに夜間取引を追加へ

楽天証券が2019年2月22日付で、同社のPTS取引サービスを強化すると発表しています。

service

KDDI-AMが「auの投資信託」と「auのiDeCo」を大和証券に提供へ

KDDIアセットマネジメント(KDDI-AM)が2019年2月21日付で、同社の「auの投資信託」と「auのiDeCo」について、大和証券が2019年2月25日付で取り扱いを開始すると発表しています。

service

低コストインデックスファンドの一覧(2019年2月19日時点)

2019年2月19日時点において、課税口座やNISA口座で投資可能か、またはその予定の低コストインデックスファンドについて、信託報酬率の低い順に10件程度を一覧にしました。

product

無料で試せるロボアドバイザーのサービス一覧(2019年2月18日時点)

2019年2月18日時点で各社が提供しているロボアドバイザーについて、無料サービスの一覧と評価をまとめました。

roboadvisor

りそなAMが「Smart-i」シリーズ1ファンドの信託報酬率を引き下げへ

りそなAMが2019年2月15日付で、同社の超低コストインデックスファンド「Smart-i」シリーズにおいて、1ファンドの信託報酬率を引き下げると発表しています。

product

SMBC日興証券が情報メディア「FROGGY」を「記事から株が買える」投資サービスへとリニューアル

SMBC日興証券が2019年2月15日付で、オウンドメディアとして運営している「FROGGY」(フロッギー)に個別株の取引ツールを追加し、同日付で「記事から株が買える」日本初の投資サービスへリニューアルしたと発表しています。

service

おつりで投資サービス「トラノコ」に「マイルで投資」機能が追加

TORANOTECが2019年2月14日付で、おつりで投資サービス「トラノコ」の新機能として、同日付で「マイルで投資」を追加しています。

service

つみたてNISAが100万口座を突破

金融庁が2019年2月13日付で、つみたてNISAが単独で100万口座を突破したと発表しています。

service

KDDIが中間金融持株会社「auフィナンシャルホールディングス」を設立・カブドットコム証券とじぶん銀行が「auカブコム証券」「auじぶん銀行」として再出発へ

KDDIなど4社が2019年2月12日付で、三菱UFJフィナンシャル・グループ傘下のカブドットコム証券とじぶん銀行の資本異動を含む一連のプレスリリースを開示しています。

service

本ブログの大規模リニューアルを完了しました(第2弾)

本ブログが2019年2月10日付で、リニューアルの第2弾を実施しました。

operation

農林中金全共連AMが国内REIT・米国株式インデックスファンド計2本を新規設定

EDINETの有価証券届出書によると、農林中金全共連AMが2019年3月4日付で、国内REIT・米国株式のインデックスファンド計2本を新規設定します。

product

iDeCo口座の投資概況(2019年1月)

2019年1月のiDeCo(個人型確定拠出年金)口座の投資概況をまとめました。

record

野村AMがDC向け超低コストインデックスファンドなど計14本の信託報酬率を引き下げへ

野村AMが2019年2月6日付で、同社の確定拠出(DC)年金向け超低コストインデックスファンドやバランスファンドなど計14本の信託報酬率を引き下げると発表しています。

dc

三井住友AMが「SMAM投信直販ネット」専用ファンド1本の運用を開始

三井住友AMが2019年2月5日付で、同社が運営する投資信託の直販サイトにおいて「アクティブ元年・日本株ファンド」の取り扱いを開始し、同日付で運用を開始したと発表しています。

service

ポートフォリオの投資概況(2019年1月)

2019年1月のポートフォリオの投資概況をまとめました。

record

松井証券がライフプランシミュレーションツール「松井FP~将来シミュレーター~」の提供を開始

松井証券が2019年1月30日付で、個人情報の登録なしに誰でもお試し可能な「松井FP~将来シミュレーター~」の提供を開始しています。

service

2019年2月13日は「NISAの日」

日本では語呂合わせの記念日がたくさん作られていますが、2月13日は「NISAの日」です。

other

楽天投信投資顧問がBNDW(全世界債券)相当の超低コストインデックスファンドを新規設定

EDINETの有価証券届出書によると、楽天投信投資顧問が2019年2月15日付で、「楽天・全世界債券インデックス(為替ヘッジ)ファンド」を新規設定します。

product

本ブログの大規模リニューアル計画を変更します

本ブログでは現在、大規模リニューアルを段階的に実施しています。

operation

2018年の各アセットクラスの投資パフォーマンス

遅くなってしまいましたが、2018年1月から2018年12月までの各アセットクラスの投資パフォーマンスをまとめました。

other

ページ操作

ソーシャルボタン

  • ツイート
  • シェア
  • LINE
  • ブックマーク
  • Pocket

関連記事

前後記事

前後の記事を表示します

推薦記事

お薦めの記事を表示します(記事公開直後などは表示しない場合があります)

コメント

コメント投稿時のメールアドレスは一般公開されませんのでご安心ください。

コメントを表示します

口座開設

相互リンク

  • 直近30日間の訪問数の多い順に表示します
  • 直近12時間の更新日時の新しい順に表示します

ツイート

  • ツイートの新しい順に表示します