バリュートラスト|価値を生む・未来を託す・投資を歩く

実践重視の投資と家計管理の記録、運用管理に役立つアセットツール、最新ニュースをお届けする投資ブログです。

2015年分のe-Taxには個人番号カードが必要かもしれません

マイナンバーカードの裏面のサンプル

2016年早々に行う、2015年分のe-Taxでは、住民基本台帳カードから個人番号カードへの移行が必要となる場合があります。

国税庁のお知らせによると、住民基本台帳カードの電子証明書が有効期限内の場合は、そのまま使えますが、申告時に期限切れとなっている場合は、原則として個人番号カードを取得して使う必要があります。

住民基本台帳カードの電子証明書は、2015年12月23日以降は発行(更新)できないため、それまでに住民基本台帳カードの電子証明書を更新すれば、最長で2017年分のe-Taxまで使い続けられます。

とはいえ、私は住民基本台帳カードに特段の思い入れはなく、電子証明書の期限が切れており、更新も有料のため、素直に無料の個人番号カードを取得する予定です。

なお、個人番号カードの交付申請を早めに行わないと、手続きが遅れてe-Taxに間に合わなくなってしまうことも十分に考えられますので、該当する読者の皆様は、どうぞご注意ください。

ソーシャルボタン

  • ツイート
  • シェア
  • LINE
  • ブックマーク
  • Pocket

関連記事

前後記事

前後の記事を表示します

コメント

コメント投稿時のメールアドレスは一般公開されませんのでご安心ください。

コメントを表示します

口座開設

相互リンク

  • 直近30日間の訪問数の多い順に表示します
  • 直近12時間の更新日時の新しい順に表示します

ツイート

  • ツイートの新しい順に表示します