バリュートラスト|価値を生む・未来を託す・投資を歩く

実践重視の投資と家計管理の記録、運用管理に役立つアセットツール、最新ニュースをお届けする投資ブログです。

ひとくふう世界国債ファンド(為替ヘッジあり)が登場します

ひとくふう世界国債ファンド(為替ヘッジあり)の説明

大和住銀投信投資顧問が2016年4月13日付で、「ひとくふう世界国債ファンド(為替ヘッジあり)」を設定します。

決算は年1回で、信託報酬率は税抜0.25%と、ひとくふう日本株式ファンドに倣っており、アクティブファンドという商品性も同じです。

EDINETの有価証券届出書によると、以下のように説明されています。

原則として、各国の国債を対象として安定的な収益の確保を図りつつ、中長期的な信託財産の成長を目指します。

主なポイントを要約すると、以下の通りです。

  • 「キャリーエンハンスト・グローバル債券マザーファンド」へ投資します。なお、このマザーファンドに関する情報は見つかりませんでした。
  • 原則として、シティ世界国債インデックス(日本含む)採用国のソブリン債券を投資対象とし、格付けはBBB以上とします。
  • 外貨建て資産については、為替ヘッジを行います。
  • イールドカーブなどに着目し、魅力的な銘柄を選定します。
  • 目標リスクを設定し、リスクを調整します。ただし、その具体的な数値は示されていません。

サテライト投資向きのアクティブファンド

ひとくふう世界国債ファンド(為替ヘッジあり)は、シティ世界国債インデックスの採用国を対象としながらも、このインデックスへの連動を目指していません。

また、ひとくふう日本株式ファンドとは異なり、スマートベータ的な運用でもないようです。

為替ヘッジの是非があるとはいえ、アクティブ運用の投資信託としては超低コストであり、サテライト投資の対象としては面白いかもしれません。

素性の明らかになっていないマザーファンドも含め、今後の動向が楽しみな投資信託です。

ソーシャルボタン

  • ツイート
  • シェア
  • LINE
  • ブックマーク
  • Pocket

関連記事

前後記事

前後の記事を表示します

推薦記事

お薦めの記事を表示します(記事公開直後などは表示しない場合があります)

コメント

コメント投稿時のメールアドレスは一般公開されませんのでご安心ください。

コメントを表示します

口座開設

相互リンク

  • 直近30日間の訪問数の多い順に表示します
  • 直近12時間の更新日時の新しい順に表示します

ツイート

  • ツイートの新しい順に表示します