バリュートラスト|価値を生む・未来を託す・投資を歩く

実践重視の投資と家計管理の記録、運用管理に役立つアセットツール、最新ニュースをお届けする投資ブログです。

みずほ銀行のSMART FOLIOに「ゴールアプローチ分析」が追加

試算条件に基づく投資信託残高の将来推移グラフのイメージ

みずほ銀行が2016年3月31日付で、ポートフォリオ提案サービス「SMART FOLIO」に、「ゴールアプローチ分析」など3機能を追加しました。

「ゴールアプローチ分析」機能は、任意の時点での目標資産総額と、各個人に相応しい(と想定される)リスク・リターン特性より、最適と思われるアセットアロケーションを逆算できるというものです。

ただし、新機能を利用できるのは、みずほ銀行のインターネットバンキングサービス「みずほダイレクト」の契約者に限られます。

契約者は、みずほダイレクトご利用のお客さま向けSMART FOLIOより、新機能を利用できます。

ちなみに、誰でも利用できるSMART FOLIOとは別のアドレスになっています。

プレスリリースでは、新機能の特徴として以下の3点を挙げています。

  • 投資目標の達成に向けたゴールアプローチ分析
  • 運用状況を一覧で表示(投信サマリー機能)
  • 貯蓄性保険商品の選定をサポート

みずほ銀行は、自身のフィデューシャリー・デューティーを果たすために投資判断を簡潔なプロセスでサポートするとしており、i-mizuhoインデックスシリーズの普及を目指しているようです。

私自身は、ロボットによる投資アドバイスは有用かの記事の通り、この手のサービスに対して手放しでは賛成できませんが、一つの参考指標にはなると考えています。

新しく登場するサービスも上手に使いこなしながら、投資家としてのリテラシーを高めていきたいですね。

ソーシャルボタン

  • ツイート
  • シェア
  • LINE
  • ブックマーク
  • Pocket

関連記事

前後記事

前後の記事を表示します

推薦記事

お薦めの記事を表示します(記事公開直後などは表示しない場合があります)

コメント

コメント投稿時のメールアドレスは一般公開されませんのでご安心ください。

コメントを表示します

口座開設

相互リンク

  • 直近30日間の訪問数の多い順に表示します
  • 直近12時間の更新日時の新しい順に表示します

ツイート

  • ツイートの新しい順に表示します