バリュートラスト|価値を生む・未来を託す・投資を歩く

実践重視の投資と家計管理の記録、運用管理に役立つアセットツール、最新ニュースをお届けする投資ブログです。

主なTOPIX連動型インデックスファンドの組入銘柄数を比較する(2016年4月)

TOPIXのイメージ

TOPIXは、読者の皆様お馴染みの指数ですから、改めて説明するまでもないと思います。

さて、私はkenzさんの記事で、<購入・換金手数料なし>ニッセイTOPIXインデックスファンドが決算を迎えたと知りました。

同ファンドは、配当込みTOPIX連動型としては最も低コスト(信託報酬率は0.290%)なことで知られていますが、もう一つ大きな特徴があります。

インデックスファンド(特に国内のアセットクラス)は、特段の事情がない限り、構成銘柄のほぼすべてを組み入れて運用するのが通例です。

しかし、同ファンドは、ニッセイ基礎研究所が独自に開発したモデル(いわゆる最適化法)に従って銘柄を選定しており、言い換えれば、運用会社が組入銘柄を「厳選」しているのです。

調査結果

早速、主なTOPIX連動型インデックスファンド(配当込み・除く)の組入銘柄数を調査したところ、以下の通りとなりました。

なお、基準日がバラバラのため、組入比率は算出していません。

名称運用会社基準日組入銘柄数
TOPIX東京証券取引所2016年3月31日1937
日本株式インデックスe三井住友TAM2016年1月22日1876
野村インデックスファンド・TOPIX(愛称Funds-i TOPIX)野村AM2015年9月7日1866
eMAXIS TOPIXインデックス三菱UFJ国際投信2016年1月26日1858
SMT TOPIXインデックス・オープン三井住友TAM2015年11月10日1837
<購入・換金手数料なし>ニッセイTOPIXインデックスファンドニッセイAM2016年2月22日1672

<購入・換金手数料なし>ニッセイTOPIXインデックスファンドは異質

とにもかくにも、<購入・換金手数料なし>ニッセイTOPIXインデックスファンドの組入銘柄数に驚かされます。

他のインデックスファンド4本の組入銘柄数の平均は1,859ですから、それより187も少ないことになります。

TOPIXの組入銘柄数の10%以上を無視しても、インデックスファンドとして成り立つのですから、現在のモデルは相当に出来が良いと言えるでしょう。

一般的に、組入銘柄数が少なければ少ないほど低コストで運用できますから、低い信託報酬率に見合った運用方法だとも言えます。

今回は問題なかったが

インデックスファンドの成績は、ベンチマークに近ければ近いほど好ましく、大きな乖離は(上方乖離であっても)運用手腕に疑問符が付きます。

kenzさんの記事では、配当込みベンチマークとのトラッキングエラーも低いと分析されていますので、今回、その点は心配ないようです。

ただ、このモデルが今後も安定した成績を残せるか否かは、未知数です。

目論見書には、必要に応じてモデルを見直すと記載されており、見直したモデルの出来が今一つだったり、見直す時期が適切でなかったりすると、乖離に直結するからです。

もっとも、同ファンドは、現時点でかなり優秀な成績を示しており、あえて選択を避ける必要はないでしょう。

実際、海外のアセットクラスでは、流動性などの問題を考慮して、最適化法を採用しているインデックスファンドも多いのです。

私は、一般的なTOPIX連動型インデックスファンド以上に、今後の動向を温かく見守りたいと考えています。

ソーシャルボタン

  • ツイート
  • シェア
  • LINE
  • ブックマーク
  • Pocket

関連記事

前後記事

前後の記事を表示します

推薦記事

お薦めの記事を表示します(記事公開直後などは表示しない場合があります)

コメント

コメント投稿時のメールアドレスは一般公開されませんのでご安心ください。

コメントを表示します

口座開設

相互リンク

  • 直近30日間の訪問数の多い順に表示します
  • 直近12時間の更新日時の新しい順に表示します

ツイート

  • ツイートの新しい順に表示します