バリュートラスト|価値を生む・未来を託す・投資を歩く

実践重視の投資と家計管理の記録、運用管理に役立つアセットツール、最新ニュースをお届けする投資ブログです。

個人型確定拠出年金の運営機関の変更を検討しています

確定拠出(DC)年金のイメージ

SBI証券が2016年4月22日付で、個人型確定拠出(DC)年金のラインナップを拡充しました。

プレスリリースによると、多様な投資対象および信託報酬が低水準の商品を新たに20本追加し、運用商品が計49本と1.5倍近くに増えています。

私の現在の事情

私は2015年より、インデックスファンドの信託報酬率が割安な野村證券の個人型確定拠出年金を利用しています。

一方、SBI証券の個人型確定拠出年金は、運用資産残高が500,000円以上の場合に限るものの、割安な手数料が魅力です。

具体的には、野村證券の手数料が年額6,108円であるのに対し、SBI証券の手数料が年額2,004円と、3分の1になるのです。

信託報酬率はもちろん重要な観点なのですが、これだけの手数料差があると、トータルコストは簡単に逆転してしまいます。

野村證券で積立を開始した時点では、運用資産残高が289,307円でしたが、それも間もなく500,000円を突破しそうです。

そのため、運営機関をSBI証券へ変更するという選択肢を、いよいよ検討する時期に差し掛かってきました。

動機づけ

私の場合、SBI証券へ変更する動機は、2つあります。

1つは、先述の通り、間もなく運用資産残高が500,000円を突破するため、割安な手数料を享受できるようになるからです。

そしてもう1つは、今回、割安な信託報酬率のインデックスファンドが多数追加され、ラインナップの魅力が増したからです。

積立対象の検討

私の確定拠出年金口座の投資方針書では、現在、国内株式と先進国株式を50%:50%で積み立てる方針としています。

野村證券のラインナップにおいては、以下のインデックスファンドを選択しています。

なお、信託報酬率は、すべて税抜です。

  • 野村DC国内株式インデックスファンド・TOPIX(信託報酬率0.19%)
  • 野村DC外国株式インデックスファンド・MSCI-KOKUSAI(信託報酬率0.22%)

これを、SBI証券のラインナップに当てはめると、以下のインデックスファンドを選択することになります。

  • (国内株式は該当なし)
  • DCニッセイ外国株式インデックス(信託報酬率0.21%)

TOPIX連動型インデックスファンドのMHAM TOPIXオープン(信託報酬率0.65%)は、信託報酬率の点で検討に値しません。

そのため、国内株式は諦めるか、TOPIX100や日経平均株価、JPX400連動型のインデックスファンドで妥協するかの二者択一になりそうです。

別の選択肢として、DCインデックスバランス(株式80)(信託報酬率0.20%)は、国内株式を60%ほど組み入れています。

しかし、先進国株式・国内債券・先進国債券・短期金融資産も含まれており、投資効率の若干劣るところが、難点と言えば難点です。

変更は意外と難しそう

運用機関の変更にあたっては、いくつか考慮すべきポイントがありそうです。

そもそも、運用資産総額が常に500,000円以上とならなければ、SBI証券の手数料のメリットを十分に享受できません。

市場動向によっては、大幅な下落も想定されますから、欲を言えば750,000円程度まで積み上げておけると安心です。

また、投資方針(書)をどのように変更するかも、悩みどころです。

先進国株式100%というアセットアロケーションには躊躇してしまいますので、納得できる方針を決定するまでには、相応の紆余曲折を経そうです。

さらに、野村證券を含む競合の運用機関も、手数料を値下げする可能性があります。

2017年より、一部の企業年金加入者や公務員、専業主婦なども、個人型確定拠出年金に加入できるようになります。

運用機関にとっては、利用者を増やすチャンスですから、超低コストのインデックスファンドのような値下げ合戦も十分に考えられるのです。

よって、変更のタイミングを見計らわないと、結果的に変更を後悔するという事態もあり得ます。

手続きと運用資産の移管には時間がかかりますから、私はもうしばらく、じっくり検討してみたいと思っています。

ソーシャルボタン

  • ツイート
  • シェア
  • LINE
  • ブックマーク
  • Pocket

関連記事

前後記事

前後の記事を表示します

コメント

コメント投稿時のメールアドレスは一般公開されませんのでご安心ください。

コメントを表示します

口座開設

相互リンク

  • 直近30日間の訪問数の多い順に表示します
  • 直近12時間の更新日時の新しい順に表示します

ツイート

  • ツイートの新しい順に表示します