バリュートラスト|価値を生む・未来を託す・投資を歩く

実践重視の投資と家計管理の記録、運用管理に役立つアセットツール、最新ニュースをお届けする投資ブログです。

インデックスファンドやETFの為替ヘッジあり・なしを組み合わせてリスク・リターンを調整する

上場米債の為替ヘッジ有無を組み合わせてリスク・リターンを調整するイメージ

インデックスファンドやETFの為替ヘッジあり・なしを組み合わせるという手法に、私は新鮮さを感じました。

日興AMが米国債券ETF2本を新規設定の記事の通り、日興AMが2016年8月29日付で、上場インデックスファンド米国債券(為替ヘッジあり・なし)の2本のETFを設定します。

それに関連して、同社のETFコラムNo.40では、この2本の組成に至った経緯などが紹介されています。

その中で私が特に注目したのは、以下の文章です。

それでも機関投資家からは強く米国債ETFの立ち上げのご希望をいただきました。

理由としては、米国債の市場の動きを機動的にとらえたいといったことや、以下のグラフにあるように、為替ヘッジあり/なしのETFを組み合わせて、リスクをコントロールしながら利回りを確保したいといったことでした。

為替ヘッジありを単体で投資した場合、利回りはマイナス(▲0.06%)になってしまいますが、50%:50%で組合せて投資すると、リスクは単体投資と同じ水準ながらも利回りは0.6%弱を確保できることになります。

まさに分散投資の妙味といえます。

私は、これまで漠然と、インデックスファンドやETFのヘッジあり・なしは、どちらか一方を選択して投資するものだと考えていました。

両者を組み合わせてリスク・リターンを調整できることは、理論的には分かっていても、今一つ腑に落ちていませんでした。

ヘッジあり・なしの違いは「為替ヘッジ」しかなく、つまるところ、両者を組み合わせて為替の影響を調整しているだけだからです。

また、私の場合、投資方針書でヘッジありを選択しないと定めていることから、あまり深く考えることもありませんでした。

しかし、このグラフを眺めてみると、何となくヘッジありにも投資意欲が湧いてくるのですから、不思議なものです。

ともあれ、このような手法もあるということを知り、勉強になりました。

ソーシャルボタン

  • ツイート
  • シェア
  • LINE
  • ブックマーク
  • Pocket

関連記事

前後記事

前後の記事を表示します

推薦記事

お薦めの記事を表示します(記事公開直後などは表示しない場合があります)

コメント

コメント投稿時のメールアドレスは一般公開されませんのでご安心ください。

コメントを表示します

口座開設

相互リンク

  • 直近30日間の訪問数の多い順に表示します
  • 直近12時間の更新日時の新しい順に表示します

ツイート

  • ツイートの新しい順に表示します