バリュートラスト|価値を生む・未来を託す・投資を歩く
実践重視の投資と家計管理の記録、運用管理に役立つアセットツール、最新ニュースをお届けする投資ブログです。

お知らせ

大和証券投資信託委託が超低コストインデックスファンド「iFree」シリーズ12本を設定

大和証券投資信託委託のロゴ

EDINETの有価証券届出書によると、大和証券投資信託委託が2016年9月8日付で、超低コストインデックスファンド「iFree」シリーズを新規設定します。

軒並み、既存の超低コストインデックスファンドシリーズを凌駕する信託報酬率に設定されています。

ラインナップ

表内の信託報酬率(%)は、すべて税抜です。

先進国・新興国のインデックスは、すべて円ベースです。

名称ベンチマーク信託報酬率
iFree TOPIXインデックスTOPIX0.190
iFree 日経225インデックス日経平均株価0.190
iFree JPX日経400インデックスJPX日経400インデックス0.205
iFree 外国株式インデックスMSCI-KOKUSAI0.210
iFree NYダウ・インデックスNYダウ平均株価0.225
iFree 新興国株式インデックスFTSE RAFIエマージングインデックス0.340
iFree 日本債券インデックスNOMURA-BPI総合0.140/0.220
iFree 外国債券インデックスシティ世界国債インデックス(除く日本)0.180
iFree 新興国債券インデックスJPモルガンGBI-EMグローバル・ディバーシファイド0.220
iFree J-REITインデックス東証REIT指数(配当込み)0.290
iFree 外国REITインデックスS&P先進国REIT指数(除く日本、配当込み)0.310
iFree 8資産バランス(なし)0.230

iFree 日本債券インデックスの信託報酬率は、新発10年国債の利回りが1%未満の場合には0.140%、1%以上の場合には0.220%となります。

iFree 8資産バランスは、国内株式(TOPIX)・先進国株式・新興国株式・国内債券・先進国債券・新興国債券・国内リート・海外リートの8資産を等しく(12.5%ずつ)組み入れます。各アセットクラスのベンチマークについては、上記ラインナップが採用しているものと同様です。

特に新興国債券が驚きの信託報酬率

この12本は、競合商品の信託報酬率をしっかりと研究しているように感じます。

TOPIX・外国株式・外国債券・新興国債券・J-REIT・外国REITの6本は、既存の投資信託よりも低い信託報酬率を提示しています。

特に、新興国債券については、次点より0.300ポイントも低く、誤植ではないかと疑ってしまうほどです。

ただ、株式のアセットクラスについては、ベンチマークのすべてが「配当除く」となっているのは、やや残念です。

なお、新興国株式については、一般的な「MSCIエマージング・マーケット・インデックス(配当込み)」とは異なるベンチマークに連動することを目標としています。

また、確認した限りでは、「確定拠出(DC)年金専用」とは記載されておらず、一般の投資信託として販売される模様です。

おことわり

有価証券届出書は、金融商品取引法に基づき、有価証券の発行者が内閣総理大臣に提出する書類であり、EDINETは、それら書類を閲覧するための電子開示システムです。

有価証券には、個人投資家が実質的に取引できないものも存在します。また、その旨を有価証券届出書に明記していなかったり、有価証券届出書そのものを取り下げたりする場合があります。

本記事は、有価証券届出書の開示内容に基づき作成しているため、このような事情により、読者の皆様が必ずしも当該有価証券を取引できるとは限らないことを、予めご承知おきください。

追記(2016年8月26日)

大和証券投資信託委託が2016年8月25日付で、プレスリリースを発表しました。

また、iFree 日本債券インデックスの信託報酬率が2段階方式であり、新発10年国債の利回りに応じて変動する旨を追記しました。

ソーシャルボタン

Twitter ツイート
Facebook シェア
Google +1
はてなブックマーク
Pocket

スポンサーリンク

関連コンテンツ

関連記事

前後記事

前後の記事を表示します

推薦記事

お薦めの記事を表示します(記事公開直後などは表示しない場合があります)

コメント

コメント投稿時のメールアドレスは一般公開されませんのでご安心ください。