バリュートラスト|価値を生む・未来を託す・投資を歩く
緻密な家計管理とコツコツ投資を両立しながら、日々の備えに価値を見出していく、実践重視のインデックス投資ブログ。

お知らせ

野村AMの資産運用ロボ・アドバイザー「moneby」(マネビー)を試してみました

monebyの実行結果のイメージ

野村AMが2017年3月6日付で、個人情報の登録なしに誰でも利用可能なポートフォリオ提案サービス「moneby」(マネビー)を提供しています。

monebyは、同社が公開しているFunds Roboの機能を搭載したスマホアプリです。

また、同社のニュースリリースによると、以下の機能を追加しています。

  • 日経225やNYダウの騰落を予想するゲーム
  • 利用者同士が意見交換できる掲示板「コミュニティ」
  • 投資初心者向けの投資啓発ツール「スクール」

monebyのダウンロード先は、以下の通りです。

Funds Roboと同様、質問項目は7ありますが、難しい質問はありませんので、気軽に試すことができます。

診断結果には、5段階のリスク許容度や推奨アセットアロケーション、それに基づく2003年3月31日からの投資実績、年率リターンの最大・最小などが表示されます。

また、お勧めされる投資信託は、同社のFunds-iシリーズの組み合わせと、My Funds-iシリーズの1本の2通りとなります。

私自身は、ロボットによる投資アドバイスは有用かの記事の通り、この手のサービスに対して懐疑的ですが、一つの参考指標にはなると考えています。

空き時間に使ってみて、リスク許容度を調整したり、お勧めされるアセットアロケーションを確認したりして、色々と試してみると面白いかもしれません。

ソーシャルボタン

Twitter ツイート
Facebook シェア
Google +1
はてなブックマーク
Pocket

スポンサーリンク

関連コンテンツ

関連記事

前後記事

前後の記事を表示します

推薦記事

お薦めの記事を表示します(記事公開直後などは表示しない場合があります)

コメント

コメント投稿時のメールアドレスは一般公開されませんのでご安心ください。