バリュートラスト|価値を生む・未来を託す・投資を歩く
緻密な家計管理とコツコツ投資を両立しながら、日々の備えに価値を見出していく、実践重視のインデックス投資ブログ。

お知らせ

GMOクリック証券が投資信託のラインナップを発表

GMOクリック証券のロゴのイメージ

GMOクリック証券が2017年3月27日付で投資信託の取り扱いを開始するにあたり、そのラインナップ43本を発表しています。

同社のお知らせによると、かなり良心的で使い勝手の良い投資信託を選択しています。

ラインナップの一覧

表内の信託報酬率(%)は、すべて税抜です。

名称運用会社信託報酬率
<購入・換金手数料なし>ニッセイTOPIXインデックスファンドニッセイAM0.180
ニッセイ日経225インデックスファンドニッセイAM0.250
<購入・換金手数料なし>ニッセイJPX日経400インデックスファンドニッセイAM0.195
<購入・換金手数料なし>ニッセイ外国株式インデックスファンドニッセイAM0.200
<購入・換金手数料なし>ニッセイ外国債券インデックスファンドニッセイAM0.170
<購入・換金手数料なし>ニッセイ国内債券インデックスファンドニッセイAM0.145
<購入・換金手数料なし>ニッセイJリートインデックスファンドニッセイAM0.250
<購入・換金手数料なし>ニッセイグローバルリートインデックスファンドニッセイAM0.270
<購入・換金手数料なし>ニッセイ・インデックスバランスファンド(4資産均等型)ニッセイAM0.340
iFree TOPIXインデックス大和証券投資信託委託0.190
iFree 日経225インデックス大和証券投資信託委託0.190
iFree JPX日経400インデックス大和証券投資信託委託0.205
iFree 外国株式インデックス大和証券投資信託委託0.210
iFree NYダウ・インデックス大和証券投資信託委託0.225
iFree 新興国株式インデックス大和証券投資信託委託0.340
iFree 日本債券インデックス大和証券投資信託委託0.140
iFree 外国債券インデックス大和証券投資信託委託0.180
iFree 新興国債券インデックス大和証券投資信託委託0.220
iFree J-REITインデックス大和証券投資信託委託0.290
iFree 外国REITインデックス大和証券投資信託委託0.310
iFree 8資産バランス大和証券投資信託委託0.230
SMT アジア新興国株式インデックス・オープン三井住友TAM0.600
SMT 新興国債券インデックス・オープン三井住友TAM0.600
SMT インデックスバランス・オープン三井住友TAM0.500
世界経済インデックスファンド三井住友TAM0.500
世界経済インデックスファンド(株式シフト型)三井住友TAM0.550
eMAXIS JAPANクオリティ150インデックス三菱UFJ国際投信0.400
eMAXIS 全世界株式インデックス三菱UFJ国際投信0.600
eMAXIS NYダウインデックス三菱UFJ国際投信0.600
eMAXIS 新興国株式インデックス三菱UFJ国際投信0.600
eMAXIS 国内物価連動国債インデックス三菱UFJ国際投信0.400
ワールド・リート・オープン(毎月決算型)三菱UFJ国際投信1.550
eMAXIS 新興国リートインデックス三菱UFJ国際投信0.600
eMAXIS バランス(波乗り型)三菱UFJ国際投信0.500
eMAXIS バランス(8資産均等型)三菱UFJ国際投信0.500
eMAXISプラス コモディティインデックス三菱UFJ国際投信0.850
ひとくふう日本株式ファンド大和住銀投信投資顧問0.250
ひとくふう世界国債ファンド(為替ヘッジあり)大和住銀投信投資顧問0.250
DIAMコア資産設計ファンド(堅実型)AMOne1.050
DIAMコア資産設計ファンド(積極型)AMOne1.050
ブラックロック・インパクト株式ファンド(ノーロード/限定為替ヘッジあり)ブラックロック0.918
ブラックロック・インパクト株式ファンド(ノーロード/為替ヘッジなし)ブラックロック0.918
ひふみプラスレオス・キャピタルワークス0.780

<購入・換金手数料なし>・iFree・SMT・eMAXIS・ひとくふうの各シリーズより厳選

私の事前予想のうち、(超)低コストインデックスファンドの<購入・換金手数料なし>・iFree・SMT・eMAXISシリーズと、低コストアクティブファンドのひとくふうシリーズ、ひふみプラスが選ばれた一方、たわらノーロード・i-mizuhoシリーズは選ばれませんでした。

ラインナップを眺めると、主要アセットクラスについては2ファンドを用意しているようですが、その意図は、私には分かりませんでした。

いずれにせよ、GMOクリック証券は今後、メインの証券口座としても活用できそうです。

ネット証券の競争がまた一段と激しくなりそうですが、利用者としては嬉しい限りですね。

ソーシャルボタン

Twitter ツイート
Facebook シェア
Google +1
はてなブックマーク
Pocket

スポンサーリンク

関連コンテンツ

関連記事

前後記事

前後の記事を表示します

推薦記事

お薦めの記事を表示します(記事公開直後などは表示しない場合があります)

コメント

コメント投稿時のメールアドレスは一般公開されませんのでご安心ください。