バリュートラスト|価値を生む・未来を託す・投資を歩く
実践重視の投資と家計管理の記録、運用管理に役立つアセットツール、最新ニュースをお届けする投資ブログです。

お知らせ

岡三オンライン証券が個人型確定拠出年金(iDeCo)「岡三のDCプラン」の取り扱いを開始

岡三オンライン証券のロゴ

岡三オンライン証券が2017年3月28日付で、同社としては新規にiDeCoプランの取り扱いを開始しています。

ニュースリリースによると、岡三証券の提供する岡三のDCプラン(個人型)を取り次ぐ形で提供します。

インデックスファンドの一覧

表内の信託報酬率(%)は、すべて税抜です。なお、アクティブファンドは除きます。

アセットクラス名称運用会社信託報酬率
国内株式DCニッセイ国内株式インデックスニッセイAM0.160
国内株式トピックス・インデックス・オープン(確定拠出年金向け)野村AM0.570
国内株式日本インデックス225DCファンド岡三AM0.230
先進国株式DCニッセイ外国株式インデックスニッセイAM0.210
先進国株式インベスコ MSCIコクサイ・インデックス・ファンドインベスコAM0.700
新興国株式DC新興国株式インデックス・オープン三井住友TAM0.580
国内債券DCニッセイ国内債券インデックスニッセイAM0.180
先進国債券DIAM外国債券インデックスファンド<DC年金>AMOne0.250
先進国債券PRU海外債券マーケット・パフォーマープルデンシャル0.650
新興国債券DC新興国債券インデックス・オープン三井住友TAM0.550
先進国REIT三井住友・DC外国リートインデックスファンド三井住友AM0.280
複合DCマイセレクション25三井住友TAM0.260
複合DCマイセレクション50三井住友TAM0.290
複合DCマイセレクション75三井住友TAM0.320

国内REITの単体のインデックスファンドが存在しない点は、少々惜しい印象を受けます。

しかし、その他の大半のアセットクラスには、超低コストインデックスファンドを採用しており、見劣りしないラインナップだと言えるでしょう。

手数料

同社のサイトによると、手数料は以下の通りです。

移管時手数料

表内の金額(円)は、すべて税込です。

支払先金額
国民年金基金連合会0/2,777
運営管理機関0
合計0/2,777

なお、国民年金基金連合会の手数料は、2017年9月29日までに加入し、かつ岡三オンライン証券の証券口座も開設した場合、0円(後日キャッシュバック)となります。

加入者手数料(月額)

表内の金額(円)は、すべて税込です。

支払先金額
国民年金基金連合会103
運営管理機関205
事務委託先金融機関64
合計372

筋の良いプラン内容

岡三証券の個人型確定拠出年金(iDeCo)「岡三のDCプラン」が優秀の記事で予想した通り、やはり岡三オンライン証券も本プランの取り扱いを開始しました。

本プランは岡三証券グループにとって、対面証券(岡三証券)の既存顧客を引き留めつつ、ネット証券である岡三オンライン証券と親和性の高い新規顧客を呼び寄せるのに、格好のツールだからです。

今回の取り扱い開始を通じて、本プランがより広く知られるようになると嬉しいですね。

ソーシャルボタン

Twitter ツイート
Facebook シェア
Google +1
はてなブックマーク
Pocket

スポンサーリンク

関連コンテンツ

関連記事

前後記事

前後の記事を表示します

推薦記事

お薦めの記事を表示します(記事公開直後などは表示しない場合があります)

コメント

コメント投稿時のメールアドレスは一般公開されませんのでご安心ください。