バリュートラスト|価値を生む・未来を託す・投資を歩く
実践重視の投資と家計管理の記録、運用管理に役立つアセットツール、最新ニュースをお届けする投資ブログです。

お知らせ

ソニー銀行が「購入・換金手数料なし」シリーズ7本など計9本の取り扱いを開始

ソニー銀行のロゴのイメージ

ソニー銀行が2017年4月21日付で、ニッセイAMの<購入・換金手数料なし>シリーズの7本を含む計9本の取り扱いを開始しています。

同行のニュース&リリースによると、9本のラインナップは、以下の通りです。

表内の信託報酬率(%)は、税抜です。

名称運用会社信託報酬率
<購入・換金手数料なし>ニッセイ日経平均インデックスファンドニッセイAM0.180
<購入・換金手数料なし>ニッセイ外国株式インデックスファンドニッセイAM0.240
<購入・換金手数料なし>ニッセイ国内債券インデックスファンドニッセイAM0.150
<購入・換金手数料なし>ニッセイ外国債券インデックスファンドニッセイAM0.200
<購入・換金手数料なし>ニッセイJリートインデックスファンドニッセイAM0.335
<購入・換金手数料なし>ニッセイグローバルリートインデックスファンドニッセイAM0.450
<購入・換金手数料なし>ニッセイ・インデックスバランスファンド(4資産均等型)ニッセイAM0.340
グローバルAIファンド三井住友AM1.750
グローバル・フィンテック株式ファンド日興AM1.750

話題のテーマ、AI(人工知能)とフィンテックに着目したファンドの2本も含まれていますが、いずれも高信託報酬率のテーマ型ファンドであり、コツコツ投資に向いた投資対象とは言えません。

同行は従来より、SMTインデックスシリーズやeMAXISシリーズなどの良心的な低コストインデックスファンドを取り扱っており、そこへ<購入・換金手数料なし>シリーズが加わることになります。

超低コストインデックスファンドが浸透し始めているのは、大変喜ばしいことです。この流れがさらに加速していくと、なお一層嬉しいですね。

ソーシャルボタン

Twitter ツイート
Facebook シェア
Google +1
はてなブックマーク
Pocket

スポンサーリンク

関連コンテンツ

関連記事

前後記事

前後の記事を表示します

推薦記事

お薦めの記事を表示します(記事公開直後などは表示しない場合があります)

コメント

コメント投稿時のメールアドレスは一般公開されませんのでご安心ください。