バリュートラスト|価値を生む・未来を託す・投資を歩く
実践重視の投資と家計管理の記録、運用管理に役立つアセットツール、最新ニュースをお届けする投資ブログです。

お知らせ

AMOneがJPX日経中小型株指数・S&P/JPX 配当貴族指数連動型ETFを新規設定

One ETFのイメージ

AMOneが2017年5月22日付でETF2本を新規設定し、2017年5月23日付で東証に上場します。

東証のマーケットニュースによると、同社のOne ETFシリーズに加わる2本の概要は、以下の通りです。

One ETF JPX日経中小型(証券コード1493、略称One・中小型)
JPX日経中小型指数への連動を目指します。収益分配は年2回で、信託報酬率は税抜0.500%です。
主な競合商品は、三菱UFJ国際投信のMAXIS JPX日経中小型株指数上場投信で、信託報酬率は税抜0.500%です。
One ETF 高配当日本株(証券コード1494、略称One・高配当日本株)
S&P/JPX 配当貴族指数への連動を目指します。収益分配は年2回で、信託報酬率は税抜0.280%です。
主な競合商品は、三井住友TAMのSMT 日本株配当貴族インデックス・オープンで、信託報酬率は税抜0.420%です。

JPX日経中小型株指数とS&P/JPX 配当貴族指数はいずれも人気上昇中の指数であり、これらに連動するETFは、それなりの需要が見込めそうです。

ただ、コツコツ投資においては、ETFよりもインデックスファンドのほうが簡便で、かつ現在は超低コストのものも登場していることから、ETFの人気に陰りが見え始めています。

それはすなわち、従来のコスト優位性が崩れてしまっているからに他ならないでしょう。市場で取引可能というメリットだけでは、個人投資家への訴求が難しいように、私は思います。

もっとも、2本は大変魅力のあるETFですから、いずれも市場で活発に取引されるようになることを期待しています。

ソーシャルボタン

Twitter ツイート
Facebook シェア
Google +1
はてなブックマーク
Pocket

スポンサーリンク

関連コンテンツ

関連記事

前後記事

前後の記事を表示します

推薦記事

お薦めの記事を表示します(記事公開直後などは表示しない場合があります)

コメント

コメント投稿時のメールアドレスは一般公開されませんのでご安心ください。