バリュートラスト|価値を生む・未来を託す・投資を歩く
実践重視の投資と家計管理の記録、運用管理に役立つアセットツール、最新ニュースをお届けする投資ブログです。

お知らせ

東証のベンチャーファンド銘柄が消滅します

東京証券取引所のイメージ

読者の皆様は、東証に上場されているベンチャーファンドをご存知でしょうか。

東証のベンチャーファンド銘柄が消滅への記事の通り、現時点で唯一の銘柄であるベンチャー・リヴァイタライズ証券投資法人(証券コード8721)は、2017年7月26日付で上場廃止し、2017年7月30日付で解散となります。

ちなみに、2017年7月19日開催予定の投資主総会では、以下の3議案を付議します。

第1号議案
本投資法人解散の件
第2号議案
規約一部変更の件
第3号議案
執行役員1名選任の件

実に寂しい投資主総会となるものと想像できますが、それはともかくとして、これで東証のベンチャーファンド銘柄がすべて消滅してしまいます。

現在は、投資事業有限責任組合やクラウドファンディングなどのスキームにより、ベンチャーファンドへの実質的な投資が可能となっています。

したがって、厳格なディスクロージャーを求められる投資法人として、あえて東証のベンチャーファンド市場に上場する必要性は、ファンドを組成する側から見れば、ほとんどないのかもしれません。

とはいえ、投資家側から見れば、ベンチャーファンドにおけるディスクロージャーの充実は、投資する上での必須条件とも言えます。

同市場の存否が危ぶまる状況ですが、東証には、上場のメリットの訴求などを通じて同市場を維持し、投資先としての選択肢を残して欲しいと期待しています。

ソーシャルボタン

Twitter ツイート
Facebook シェア
Google +1
はてなブックマーク
Pocket

スポンサーリンク

関連コンテンツ

関連記事

前後記事

前後の記事を表示します

推薦記事

お薦めの記事を表示します(記事公開直後などは表示しない場合があります)

コメント

コメント投稿時のメールアドレスは一般公開されませんのでご安心ください。