バリュートラスト|価値を生む・未来を託す・投資を歩く
実践重視の投資と家計管理の記録、運用管理に役立つアセットツール、最新ニュースをお届けする投資ブログです。

お知らせ

AM-Oneがたわらノーロードシリーズ9ファンドの信託報酬率引き下げを発表

たわらノーロードシリーズのイメージ

AM-Oneが2017年9月5日付で、同社の超低コストインデックスファンド「たわらノーロード」シリーズの信託報酬率引き下げを発表しています。

プレスリリースによると、TOPIX・日経225・先進国株式・先進国株式<為替ヘッジあり>・新興国株式・国内債券・先進国債券・国内リート・先進国リートの9ファンドについて、2017年12月30日付で引き下げるとしています。

ファンド一覧

表内の信託報酬率(%)や引き下げ幅(ポイント)は、すべて税抜です。

名称旧信託報酬率新信託報酬率引き下げ幅
たわらノーロード TOPIX0.1800.170-0.010
たわらノーロード 日経2250.1950.170-0.025
たわらノーロード 先進国株式0.2250.200-0.025
たわらノーロード 先進国株式<為替ヘッジあり>0.2250.200-0.025
たわらノーロード 新興国株式0.4950.340-0.155
たわらノーロード 国内債券0.1500.140-0.010
たわらノーロード 先進国債券0.2000.170-0.030
たわらノーロード 国内リート0.3000.250-0.050
たわらノーロード 先進国リート0.3500.270-0.080

安定運用が武器

熾烈な超低コスト競争に対して、AM-Oneもついに仕掛けてきました。

同社や本シリーズは、これまで信託報酬率の引き下げ実績がありませんので、その努力と決断を心より歓迎します。

私は、「投信ブロガーが選ぶ! Fund of the Year 2016」に投票しましたの記事の通り、思いを込めて「たわらノーロード 先進国リート」に1ポイントを投じていますから、今回の発表を大変に嬉しく感じています。

マザーファンドが巨大な本シリーズは、超低コストインデックスファンドシリーズの中でも安定運用を期待できるため、人気を博しています。

2018年よりつみたてNISAが始まりますが、本シリーズは今後、ますます人気となるかもしれませんね。

ソーシャルボタン

Twitter ツイート
Facebook シェア
Google +1
はてなブックマーク
Pocket

スポンサーリンク

関連コンテンツ

関連記事

前後記事

前後の記事を表示します

推薦記事

お薦めの記事を表示します(記事公開直後などは表示しない場合があります)

コメント

コメント投稿時のメールアドレスは一般公開されませんのでご安心ください。