バリュートラスト|価値を生む・未来を託す・投資を歩く

実践重視の投資と家計管理の記録、運用管理に役立つアセットツール、最新ニュースをお届けする投資ブログです。

ブラックロックの「iShares」ETFシリーズのうち10本が上場廃止へ

iSharesのロゴのイメージ

ブラックロックが2017年9月28日付で、同社の「iShares」ブランドを冠するETFのうち10本について、日本における信託終了日を2018年1月24日に変更すると発表しています。

2017年9月28日付の東証のマーケットニュースによると、2018年1月22日付で、いずれも東証より上場廃止となります。

対象銘柄

対象となる10銘柄の詳細については、以下の通りです。

  • iシェアーズ 米国ハイイールド債券ETF-JDR(iBoxxドル建てLHYC)(証券コード1361、略称iS米国HY債)
  • iシェアーズ 新興国債券ETF-JDR(自国通貨建)(証券コード1362、略称iS新興国債券)
  • iシェアーズ 米国債ETF-JDR(米7-10年国債)(証券コード1363、略称iS米国債)
  • iシェアーズ 先進国株ETF-JDR(MSCIコクサイ)(証券コード1581、略称iS先進国株)
  • iシェアーズ エマージング株ETF-JDR(MSCIエマージングIMI)(証券コード1582、略称iSエマージング株)
  • iシェアーズ フロンティア株ETF-JDR(MSCIフロンティア100)(証券コード1583、略称iSフロンティア株)
  • iシェアーズ 米国超大型株ETF-JDR(S&P100)(証券コード1587、略称iS米国超大型株)
  • iシェアーズ 米国小型株ETF-JDR(ラッセル2000)(証券コード1588、略称iS米国小型株)
  • iシェアーズ 米国高配当株ETF-JDR(モーニングスター配当フォーカス)(証券コード1589、略称iS米国高配当株)
  • iシェアーズ 米国リート・不動産株ETF-JDR(ダウ・ジョーンズ米国不動産)(証券コード1590、略称iS米国リート)

スクラップ&ビルド

ブラックロックが外国指数への連動を目標とする国内ETF5本を新規設定の通り、このうち2本は、2017年9月28日付で東証に上場した別銘柄を通じて、投資の継続が可能となっています。

  • iシェアーズ・コア MSCI先進国株(除く日本)ETF(証券コード1657、略称iSMSCI先進国株)
  • iシェアーズ・コア MSCI新興国株 ETF(証券コード1658、略称iSMSCI新興国株)

この2本については、分配金に30%の源泉徴収税が米国で課されてしまう二重課税の問題を回避するために設定された経緯があり、より有利な条件で投資できます。

また、採用するベンチマークが異なるものの、以下の2本についてもほぼ同等の投資が可能です。

  • iシェアーズ・コア 米国債7-10年 ETF(証券コード1656、略称iS米国債七十)
  • iシェアーズ 米国リート ETF(証券コード1659、略称iS米国リート)

残る6本については、残念ながら、日本における需要が少なかったのでしょう。

いずれにせよ、同社のETFは、日本の投資家が海外資産に容易にアクセスできる、非常に価値の高いものと言えます。

同社には、今後も引き続き魅力あるETF銘柄を提供して欲しいと、私は願っています。

ソーシャルボタン

  • ツイート
  • シェア
  • LINE
  • ブックマーク
  • Pocket

関連記事

前後記事

前後の記事を表示します

コメント

コメント投稿時のメールアドレスは一般公開されませんのでご安心ください。

コメントを表示します

口座開設

相互リンク

  • 直近30日間の訪問数の多い順に表示します
  • 直近12時間の更新日時の新しい順に表示します

ツイート

  • ツイートの新しい順に表示します