バリュートラスト|価値を生む・未来を託す・投資を歩く

実践重視の投資と家計管理の記録、運用管理に役立つアセットツール、最新ニュースをお届けする投資ブログです。

ゆうちょ銀行がつみたてNISA口座の確定ラインナップを発表

ゆうちょ銀行のロゴのイメージ

ゆうちょ銀行が2017年10月3日付で、同行のつみたてNISAの商品ラインナップを発表しています。

プレスリリースによると、計8本を選定しており、少数精鋭で分かりやすさを重視した模様です。

ラインナップ

表内の信託報酬率(%)は、すべて税抜です。

名称ベンチマーク信託報酬率
つみたて日本株式(TOPIX)TOPIX0.180
つみたて先進国株式MSCI-KOKUSAI0.200
つみたて新興国株式MSCIエマージング・マーケット・インデックス0.340
JP4資産均等バランス(4資産均等)0.220
野村6資産均等バランス(6資産均等)0.220
つみたて8資産均等バランス(8資産均等)0.220
セゾン・バンガード・グローバルバランスファンド(バランスファンド)0.680
セゾン資産形成の達人ファンド(アクティブファンド)1.350

均整の取れたラインナップ

国内・先進国・新興国の株式と4・6・8資産均等バランスファンドを採用しており、非常に均整の取れたラインナップと言えるでしょう。

また、同行グループの日本郵便の資本業務提携先であるセゾン投信のファンドは、2本ともラインナップに加わっています。

同行のNISA口座では超低コストインデックスファンドを選択できないため、つみたてNISA口座の利用価値が非常に高くなりそうです。

私の把握している限り、確定したラインナップを提示したのは同行が初です。

これより、各社がこぞってラインナップを確定し、アピール合戦を繰り広げることになります。

今後のつみたてNISAの動向を、引き続き注視していきたいと、私は考えています。

ソーシャルボタン

  • ツイート
  • シェア
  • LINE
  • ブックマーク
  • Pocket

関連記事

前後記事

前後の記事を表示します

推薦記事

お薦めの記事を表示します(記事公開直後などは表示しない場合があります)

コメント

コメント投稿時のメールアドレスは一般公開されませんのでご安心ください。

コメントを表示します

口座開設

相互リンク

  • 直近30日間の訪問数の多い順に表示します
  • 直近12時間の更新日時の新しい順に表示します

ツイート

  • ツイートの新しい順に表示します