バリュートラスト|価値を生む・未来を託す・投資を歩く

実践重視の投資と家計管理の記録、運用管理に役立つアセットツール、最新ニュースをお届けする投資ブログです。

ブログのシステム構成などに関してご紹介します(2017年10月)

URGEのロゴのイメージ

本ブログのシステム構成などに関して、簡単ながら読者の皆様にご紹介します。

現在、ブログを運営するには、レンタルサーバーにWordPressをインストールし、独自ドメインを割り当て、SSLサーバー証明書を用いてhttpsで待ち受けるのが「定石」となっています。

また、FC2ブログなどのレンタルブログを活用されている方も、たくさんいらっしゃいます。

一方、本ブログは、主に趣味とセキュリティー対策のために、かなり特徴のあるシステム構成を採っています。

独自ドメイン

本ブログは、お名前.comを利用して独自ドメインを取得・更新しており、こちらは特段変わったことはしていません。

なお、GMOインターネット(証券コード9449、略称GMO)の株主は、半年毎に5,000円まで、お名前.comのキャッシュバックを受けることができます。

株主の私は毎回、取得・更新の費用を5,000円以内に収め、全額のキャッシュバックを受けられるようにしています。

サーバー

エックスサーバーwpXを利用されている方が多いようですが、本ブログは、私の自宅に設置している専用サーバーを使用しています。

継続的なメンテナンスが必要で、かつ性能も劣りますが、隅から隅までチューニングできるのが唯一にして最大の魅力です。

その上、自宅の専用サーバーはレンタルサーバーと異なり、他の人とサーバーを共用しませんので、物理的にも論理的にもセキュリティーに優れています。

SSLサーバー証明書

一般的なブログでは、Let's Encryptの無料SSLサーバー証明書を利用するところですが、本ブログでは、アセットツールを安心してご利用いただくために、GGSSLCOMODO Positive SSLのOEM)の有料SSLサーバー証明書を購入して利用しています。

ECC(楕円曲線暗号)方式のSSLサーバー証明書を選択し、さらに暗号スイートを厳選することで、サーバーの負荷軽減とブログ表示の高速化を図っています。

httpsの待ち受けにはnginxを利用しており、高速なHTTP/2プロトコルにも対応しています。

コンテンツ管理システム(CMS)

WordPressに相当するCMSとして、独自開発のURGEを利用しています。URGEもWordPressと同じくPHPで動作しますが、データベースは使用していません。

URGEの初版は、2002年にリリースしました。WordPressの初版は2003年にリリースされていますので、CMSとして1年先輩である点が、ちょっとした自慢です。

URGEが小型で軽量なシステムである点は、ブログ表示の高速化とセキュリティーの向上に一役買っています。

また、超高速表示が可能なAMPにも対応しています。

デザインテンプレート

URGEには、WordPressのような既製のデザインテンプレートは存在しませんので、一から作りました。

私が自身でデザインしていますので、センスの問われるところであり、相当に注意を払っています。試行錯誤を重ねて完成した後も、常に微調整を続けています。

また、レスポンシブデザインを採用し、PCからもスマホ・タブレットからも、適切なレイアウトで表示するように制御しています。

ちなみに、PCで本ブログをご覧いただいている場合、ブラウザーの横幅を伸び縮みさせると、動的にレイアウトが変化するようになっています。

ユーザーインターフェース(UI)

URGEには、WordPressのプラグインに相当するものもありませんので、すべて自作しています。

本ブログでは、人気記事最新記事関連記事前後記事相互リンクなどを新規に開発しています。このうち、人気記事と相互リンクについては、Google Analyticsより自動的にデータを採取しています。

TwitterFacebookへの新着通知についても同様に、独自のプログラムで運用しています。

その他、推薦記事にはOutbrainコメントにはDISQUSの外部サービスを、それぞれ活用しています。

ソーシャルボタン

  • ツイート
  • シェア
  • LINE
  • ブックマーク
  • Pocket

関連記事

前後記事

前後の記事を表示します

推薦記事

お薦めの記事を表示します(記事公開直後などは表示しない場合があります)

コメント

コメント投稿時のメールアドレスは一般公開されませんのでご安心ください。

コメントを表示します

口座開設

相互リンク

  • 直近30日間の訪問数の多い順に表示します
  • 直近12時間の更新日時の新しい順に表示します

ツイート

  • ツイートの新しい順に表示します