バリュートラスト|価値を生む・未来を託す・投資を歩く
実践重視の投資と家計管理の記録、運用管理に役立つアセットツール、最新ニュースをお届けする投資ブログです。

お知らせ

ビックカメラの議決権を行使しました(第37期)

株式会社ビックカメラの議決権行使書のイメージ

ビックカメラ(証券コード3048)の第37期定時株主総会の議決権を行使しました。

私は、議決権を行使することに意味があると考えており、その一環として議決権行使状況を開示しています。

「選任理由」を提示しているのは素晴らしい

本株主総会では、議案として取締役・監査役の選任を上程していますが、各候補者の選任理由を具体的に提示している点に感心しました。

選任理由そのものを記載しない企業がほとんどですから、このような取り組みには好感を持てます。

例えば、代表取締役社長である宮嶋宏幸氏の選任理由は、以下のように記載されています。

宮嶋宏幸氏は平成17年11月より当社代表取締役社長を務めており、当社グループの中で培った豊富な経験・実績・見識を有しており、強いリーダーシップによる当社グループ経営の推進に適任であると判断し、取締役候補者としております。

他の候補者についても同様に、各氏の経歴や得意領域などを記載しています。詳細は、招集通知の26ページ目以降をご覧ください。

経営層の陣容を明確に語れることも、IRとして意義のあることだと感じました。

ソーシャルボタン

Twitter ツイート
Facebook シェア
Google +1
はてなブックマーク
Pocket

スポンサーリンク

関連コンテンツ

関連記事

前後記事

前後の記事を表示します

推薦記事

お薦めの記事を表示します(記事公開直後などは表示しない場合があります)

コメント

コメント投稿時のメールアドレスは一般公開されませんのでご安心ください。