バリュートラスト|価値を生む・未来を託す・投資を歩く
実践重視の投資と家計管理の記録、運用管理に役立つアセットツール、最新ニュースをお届けする投資ブログです。

お知らせ

野村AMが「NEXT FUNDS」シリーズに国内債券ETFを含む6本を追加

野村AMのNEXT FUNDSのロゴのイメージ

EDINETの有価証券届出書などによると、野村AMが2017年12月7日付で、同社の「NEXT FUNDS」を冠するETFシリーズに6本を追加します。

東証のマーケットニュースによると、いずれも2017年12月11日付で東証に上場する予定です。

私が待ちに待っていた国内債券ETFを含む、大変使い勝手の良さそうなラインナップとなっています。

ラインナップ

表内の信託報酬率(%)は、すべて税抜です。

証券コード名称略称ベンチマーク信託報酬率
2510NEXT FUNDS 国内債券・NOMURA-BPI総合連動型上場投信国内債券NOMURA-BPI総合0.070/0.120
2513NEXT FUNDS 外国株式・MSCI-KOKUSAI指数(為替ヘッジなし)連動型上場投信外国株式ヘッジなしMSCI-KOKUSAI(円換算)0.170
2514NEXT FUNDS 外国株式・MSCI-KOKUSAI指数(為替ヘッジあり)連動型上場投信外国株式ヘッジありMSCI-KOKUSAI(為替ヘッジあり、円換算)0.170
2511NEXT FUNDS 外国債券・シティ世界国債インデックス(除く日本・為替ヘッジなし)連動型上場投信外国債券ヘッジなしシティ世界国債インデックス(除く日本、円換算)0.120
2512NEXT FUNDS 外国債券・シティ世界国債インデックス(除く日本・為替ヘッジあり)連動型上場投信外国債券ヘッジありシティ世界国債インデックス(除く日本、円ヘッジ・円換算)0.120
2515NEXT FUNDS 外国REIT・S&P先進国REIT指数(除く日本・為替ヘッジなし)連動型上場投信外国リートヘッジなしS&P先進国REIT指数(除く日本、配当込み、円換算)0.170

なお、NEXT FUNDS 国内債券・NOMURA-BPI総合連動型上場投信の信託報酬率は、2019年3月7日までは0.070%、2019年3月8日以降は新発10年国債の利回り水準に応じて決定します(1%未満の場合は0.070%、1%以上の場合は0.120%)。

ETFの復権なるか

同社のNEXT FUNDSシリーズでは既に、国内株式と国内REITに対応するETFを設定しており、これで国内・先進国の株式・債券・REITの6アセットクラスが揃うことになります。

特に、国内初となる国内債券ETFは、個人的に大変期待しています。超低コストインデックスファンドの隆盛によって機を逸してしまった感はあるものの、0.070%という信託報酬率であり、一定の競争力は確保されていると言えるでしょう。

その他もすべて0.100%台の信託報酬率を提示しており、同社がかなり戦略的に6本を設定したことが伺えます。

使い勝手の良い銘柄の登場により、ETFが復権の兆しを見せるか否か、今後が非常に楽しみです。

おことわり

有価証券届出書は、金融商品取引法に基づき、有価証券の発行者が内閣総理大臣に提出する書類であり、EDINETは、それら書類を閲覧するための電子開示システムです。

有価証券には、個人投資家が実質的に取引できないものも存在します。また、その旨を有価証券届出書に明記していなかったり、有価証券届出書そのものを取り下げたりする場合があります。

本記事は、有価証券届出書の開示内容に基づき作成しているため、このような事情により、読者の皆様が必ずしも当該有価証券を取引できるとは限らないことを、予めご承知おきください。

ソーシャルボタン

Twitter ツイート
Facebook シェア
Google +1
はてなブックマーク
Pocket

スポンサーリンク

関連コンテンツ

関連記事

前後記事

前後の記事を表示します

推薦記事

お薦めの記事を表示します(記事公開直後などは表示しない場合があります)

コメント

コメント投稿時のメールアドレスは一般公開されませんのでご安心ください。