バリュートラスト|価値を生む・未来を託す・投資を歩く
実践重視の投資と家計管理の記録、運用管理に役立つアセットツール、最新ニュースをお届けする投資ブログです。

お知らせ

三菱UFJ国際投信が「eMAXIS Slim」シリーズ1ファンド(先進国株式)の信託報酬率を引き下げ

eMAXIS Slimシリーズのイメージ

三菱UFJ国際投信が2017年12月29日付で、eMAXIS Slimシリーズのうち「eMAXIS Slim 先進国株式インデックス」について、2018年1月30日付で信託報酬率を引き下げると発表しています。

プレスリリースによると、引き下げ幅は0.0795ポイントとなっています。

ファンド一覧

表内の信託報酬率(%)や引き下げ幅(ポイント)は、すべて税抜です。

名称旧信託報酬率新信託報酬率引き下げ幅
eMAXIS Slim 先進国株式インデックス0.1890.1095-0.0795

素晴らしい引き下げ実績

本シリーズは、登場時より機動的に信託報酬率を引き下げると謳っており、既に引き下げの実績は4回を数えています。

なお、基準となる競合商品の信託報酬率の参照日は、2017年12月26日付としていますが、EXE-iつみたて先進国株式ファンドをターゲットとしているのは間違いないでしょう。

既に、投資家には「eMAXIS Slimを選択しておけば間違いない」と認識されており、eMAXIS Slimの戦略は当たっていると言えるでしょう。超低コスト競争の激化は、投資家にとって嬉しい悲鳴ですね。

ソーシャルボタン

Twitter ツイート
Facebook シェア
Google +1
はてなブックマーク
Pocket

スポンサーリンク

関連コンテンツ

関連記事

前後記事

前後の記事を表示します

推薦記事

お薦めの記事を表示します(記事公開直後などは表示しない場合があります)

コメント

コメント投稿時のメールアドレスは一般公開されませんのでご安心ください。