バリュートラスト|価値を生む・未来を託す・投資を歩く
実践重視の投資と家計管理の記録、運用管理に役立つアセットツール、最新ニュースをお届けする投資ブログです。

お知らせ

最小分散ETFの実績(2017年)

上場銘柄相関チェッカーの1348・1399・1477の相関係数(2017年1月~2017年12月)

2017年の最小分散ETFの実績を調査してみました。

各種データは、拙作アセットツールより入手できますので、読者の皆様にもご活用いただければと思います。

調査対象

調査対象は以下の通り、比較用のTOPIX連動型ETFが1銘柄、最小分散ETFが2銘柄の計3銘柄です。

リスク・リターン・シャープレシオ

調査には、上場銘柄投資効率チェッカーを用いています。

略称リスクリターンシャープレシオ
MXSトピクス6.49%+19.90%+3.07
上場高配当低ボラ10.10%+19.69%+3.24
iSMSCI最小分散6.76%+14.24%+2.11

相関係数

調査には、上場銘柄相関チェッカーを用いています。

略称MXSトピクス上場高配当低ボラiSMSCI最小分散
MXSトピクス+1.00
上場高配当低ボラ+0.39+1.00
iSMSCI最小分散+0.83+0.43+1.00

考察

最小分散ETFの2銘柄について、それぞれ簡単に整理しました。

上場高配当低ボラ

  • 上場高配当低ボラは、MXSトピクスに比べて高リスク・低リターンとなりました。
  • 高配当銘柄という制約条件がリスクの上昇に寄与した結果、リターンが劣後したものと考えられます。
  • MXSトピクスとの相関係数は+0.39となっており、弱い正の相関が見られました。

iSMSCI最小分散

  • iSMSCI最小分散は、MXSトピクスに比べて高リスク・低リターンとなりました。
  • リスクが低減していない要因は、残念ながら定かではありません。
  • MXSトピクスとの相関係数は+0.83となっており、強い正の相関が見られました。

まとめ

最小分散ETFの2銘柄をTOPIX連動型ETFと比べると、片や同程度のリスクの割には低リターン、片や高リスクの割には同程度のリターンという結果であり、2017年は最小分散ETFの特性を伺い知ることのできない1年となりました。

最小分散ポートフォリオは、効率的フロンティア曲線上のリスクが最小となる点で示されます。したがって、両者とも2016年と変わらず、真の最小分散ポートフォリオを実現できていない点に課題があると言えます。

2015年の設定来より、私はこの2銘柄を注目しており、将来の投資対象銘柄として期待もしているのですが、この結果を踏まえると、未だ時期尚早なのかもしれません。

引き続き、今後の実績を見守っていきたいと思います。

ソーシャルボタン

ツイート
シェア
LINE
ブックマーク
Pocket

スポンサーリンク

スポンサーリンク

関連コンテンツ

関連記事

前後記事

前後の記事を表示します

推薦記事

お薦めの記事を表示します(記事公開直後などは表示しない場合があります)

コメント

コメント投稿時のメールアドレスは一般公開されませんのでご安心ください。