バリュートラスト|価値を生む・未来を託す・投資を歩く
実践重視の投資と家計管理の記録、運用管理に役立つアセットツール、最新ニュースをお届けする投資ブログです。

お知らせ

東海東京証券が個人型確定拠出年金(iDeCo)に参入

東海東京証券のロゴのイメージ

東海東京証券が2018年3月20日付で、個人型確定拠出年金(iDeCo)サービスに参入しています。

同社のお知らせによると、「東海東京のiDeCo(イデコ)」プランは、運営管理機関の加入者手数料を0円とする期間限定キャンペーンを2019年3月31日まで行っています。

投資信託のラインナップ

表内の信託報酬率(%)は、すべて税抜です。

アセットクラス名称信託報酬率
国内株式DCニッセイ日経225インデックスファンドA0.169
国内株式ひふみ年金0.760
先進国株式DCニッセイ外国株式インデックス0.189
新興国株式DIAM新興国株式インデックスファンド<DC年金>0.545
国内債券三菱UFJ国内債券インデックスファンド(確定拠出年金)0.120
先進国債券三菱UFJ DC海外債券インデックスファンド0.220
新興国債券DCダイワ新興国債券インデックスファンド0.520
国内REITDCニッセイJ-REITインデックスファンドA0.250
先進国REIT三井住友・DC外国リートインデックスファンド0.280
複合DCニッセイワールドセレクト(債券重視型)0.180
複合DCニッセイワールドセレクト(標準型)0.200
複合DCニッセイワールドセレクト(株式重視型)0.220
複合DCダイワ・ターゲットイヤー20300.340
複合DCダイワ・ターゲットイヤー20400.360
複合DCダイワ・ターゲットイヤー20500.360

主要8アセットクラスの(超)低コストインデックスファンドを取り揃えた、優秀なラインアップと言えます。

これにより、ネット証券のiDeCoと同等の超低コスト運用が可能となっています。

手数料

手数料については、同社のサイトなどによると、以下の通りです。

移管時手数料

表内の金額(円)は、すべて税込です。

支払先金額
国民年金基金連合会2777
運営管理機関0
合計2777

加入者手数料(月額)

表内の金額(円)は、すべて税込です。

支払先金額
国民年金基金連合会103
運営管理機関248
事務委託先金融機関64
合計415

非常に意欲的なプラン内容

東海東京のiDeCoは、後発参入組である同社が熾烈なiDeCo口座獲得競争に真正面から挑める、非常に意欲的なプラン内容です。

具体的には、ニッセイAMや大和証券投資信託委託のDC向け超低コストインデックスファンドを採用し、運営管理機関の手数料を低廉に設定しています。

同社の参入により、ネット証券と同様、コスト競争力のある良心的なプランが増えることになります。

今後のiDeCo口座獲得競争がどのように展開されるのか、ますます楽しみになってきましたね。

ソーシャルボタン

ツイート
シェア
LINE
ブックマーク
Pocket

スポンサーリンク

関連コンテンツ

関連記事

前後記事

前後の記事を表示します

推薦記事

お薦めの記事を表示します(記事公開直後などは表示しない場合があります)

スポンサーリンク

コメント

コメント投稿時のメールアドレスは一般公開されませんのでご安心ください。