バリュートラスト|価値を生む・未来を託す・投資を歩く
実践重視の投資と家計管理の記録、運用管理に役立つアセットツール、最新ニュースをお届けする投資ブログです。

お知らせ

明治安田生命が個人型確定拠出年金(iDeCo)プランに運用商品を追加

明治安田生命のロゴのイメージ

明治安田生命が2018年4月1日付で、同社の個人型確定拠出年金(iDeCo)プランに運用商品を追加しています。

同社のプランは、「シンプルコース」と「スタンダードコース」の2本立てとなっていますが、今回は双方に同一の2商品を追加する形となっています。

追加ファンドのラインナップ

表内の信託報酬率(%)は、すべて税抜です。

アセットクラス名称信託報酬率
先進国株式東京海上セレクション・外国株式インデックス0.200
先進国債券東京海上セレクション・外国債券インデックス0.180

インデックスファンドのラインナップ

表内の信託報酬率(%)は、すべて税抜です。

アセットクラス名称信託報酬率シンプルコーススタンダードコース
国内株式明治安田DC・TOPIXオープン0.190
国内債券明治安田DC日本債券パッシブファンド0.160
先進国株式東京海上セレクション・外国株式インデックス0.200
先進国債券東京海上セレクション・外国債券インデックス0.180
国内REITDC・ダイワJ-REITオープン0.550

なお、アクティブファンドを含めると、シンプルコースが計6本、スタンダードコースが計16本の投資信託を取り揃えています。

伝統4資産のインデックスファンドがようやく揃った

明治安田生命が個人型確定拠出年金(iDeCo)の新プランを発表の記事の通り、開始時点では両プランともアクティブファンドが大半を占め、かつ先進国株式・債券のインデックスファンドを選定していないなど、疑問符の付くプラン内容でした。

今回、超低コストのインデックスファンドを追加選定することで、その欠けていたピースを埋めました。

これにより、手数料の割安なシンプルコースを選択しても伝統4資産のインデックスファンドを揃えられますから、一応は商品ラインナップが整ったと言えるでしょう。ただし、競合他社と比較すると、決して自由度が高いわけではありません。

同社には引き続き、両プランの地道な改善を期待したいですね。

スポンサーリンク

スポンサーリンク

ソーシャルボタン

Twitter ツイート
Facebook シェア
Google +1
はてなブックマーク
Pocket

関連コンテンツ

関連記事

前後記事

前後の記事を表示します

推薦記事

お薦めの記事を表示します(記事公開直後などは表示しない場合があります)

コメント

コメント投稿時のメールアドレスは一般公開されませんのでご安心ください。