バリュートラスト|価値を生む・未来を託す・投資を歩く

実践重視の投資と家計管理の記録、運用管理に役立つアセットツール、最新ニュースをお届けする投資ブログです。

日興AMのETF「上場インデックスファンドNifty50先物(インド株式)」が当面は運用を継続か

日興AMの上場インデックスファンドのロゴ

日興AMが2018年6月18日付で、同社のETF「上場インデックスファンドNifty50先物(インド株式)」(証券コード1549、略称上場インド株)について、今後のスケジュールを再検討すると発表しています。

お知らせによると、本ETFの主要投資対象であり、シンガポール証券取引所に上場している「Nifty50指数先物」は、これまで2018年8月に上場廃止を予定していましたが、当面の間は取引を継続できるようになったとのことです。

同社では従来より、Nifty50指数先物が上場廃止となった際には、受益者による書面決議を行わずに本ETFを上場廃止・繰上償還するとしていますが、当面のスケジュールの動向が気にかかるところです。

シンガポール証券取引所の方針が二転三転しているのに引きずられて、本ETFを取り巻く状況も目まぐるしく変わってきていますが、やがて好転することを願っています。

ソーシャルボタン

  • ツイート
  • シェア
  • LINE
  • ブックマーク
  • Pocket

関連記事

前後記事

前後の記事を表示します

推薦記事

お薦めの記事を表示します(記事公開直後などは表示しない場合があります)

コメント

コメント投稿時のメールアドレスは一般公開されませんのでご安心ください。

コメントを表示します

口座開設

相互リンク

  • 直近30日間の訪問数の多い順に表示します
  • 直近12時間の更新日時の新しい順に表示します

ツイート

  • ツイートの新しい順に表示します