バリュートラスト|価値を生む・未来を託す・投資を歩く
実践重視の投資と家計管理の記録、運用管理に役立つアセットツール、最新ニュースをお届けする投資ブログです。

お知らせ

株式取引手数料無料の「STREAM」が現物取引サービスを開始

STREAMのロゴのイメージ

スマートプラスが2018年8月18日付で、同社のスマホアプリ「STREAM」における現物取引サービスを開始したと発表しています。

プレスリリースによると、東証上場銘柄のうち国内株式・ETF(JDRや外国籍のものを除く)・REITの取引が可能となります。

その他、同アプリ内に形成されているコミュニティーでの意見交換や、「コミュニティーポイント」に応じた信用取引(2018年秋頃に開始予定)の金利優遇、「STREAMユーザー会」(オフ会)などのサービス提供も開始、または開始予定となっています。

「手数料無料」の衝撃

STREAMの最大の特徴は、「SMART取引」によって株式取引手数料(株式委託手数料)を無料としている点です。

SMART取引では、東証の立会外取引(ToSTNeT-1)を活用し、立会取引よりも有利な価格での約定を目指します。

ToSTNeT-1を活用する他社サービスとしては、松井証券ベストマッチ(立会外クロス取引)マネックス証券立会外セールが挙げられますが、SMART取引がこれらと異なるのは、有利な価格で約定した場合に限り、その差額の50%を取引手数料として徴収する点です。

具体的には、立会取引の気配値が50,000円、立会外取引の気配値が49,800円の時に立会外取引で約定すると、その差額200円のうち100円が取引手数料となり、取得価格は49,900円となります。

また、立会取引の気配値が50,000円の時に立会取引で約定すると、取引手数料は0円、取得価格は50,000円となります。

つまり、取得価格が(立会取引での)約定価格と同額以下になるのですから、ユーザーにとって大変魅力的な手数料体系だと言えるでしょう。

競合他社がSTREAMの手数料体系に追従するのは困難だと予想されますから、同社が短期間に多数の顧客を獲得することも考えられます。

STREAMの衝撃が今後、証券業界にどう波及していくのか、非常に楽しみですね。

スポンサーリンク

スポンサーリンク

ソーシャルボタン

Twitter ツイート
Facebook シェア
Google +1
はてなブックマーク
Pocket

関連コンテンツ

関連記事

前後記事

前後の記事を表示します

推薦記事

お薦めの記事を表示します(記事公開直後などは表示しない場合があります)

コメント

コメント投稿時のメールアドレスは一般公開されませんのでご安心ください。