バリュートラスト|価値を生む・未来を託す・投資を歩く
実践重視の投資と家計管理の記録、運用管理に役立つアセットツール、最新ニュースをお届けする投資ブログです。

お知らせ

野村證券の個人型確定拠出年金(iDeCo)「野村のiDeCo」が商品ラインナップ拡充と指定運用方法を採用へ

野村證券のロゴのイメージ

野村證券が2018年8月6日付で、同行の個人型確定拠出年金(iDeCo)「野村のiDeCo」において、2018年9月3日付で商品ラインナップを拡充し、指定運用方法商品(デフォルト商品)を採用すると発表しています。

ニュースリリースによると、新規に7商品を追加し、デフォルト商品としてターゲットデート型ファンドを採用するとしています。

追加商品のラインナップ

表内の信託報酬率(%)は、すべて税抜です。

アセットクラス名称信託報酬率
国内株式ひふみ年金0.760
複合マイターゲット2030(確定拠出年金向け)0.340
複合マイターゲット2035(確定拠出年金向け)0.360
複合マイターゲット2040(確定拠出年金向け)0.360
複合マイターゲット2045(確定拠出年金向け)0.360
複合マイターゲット2055(確定拠出年金向け)0.360
複合マイターゲット2060(確定拠出年金向け)0.360

なお、マイターゲット2050(確定拠出年金向け)は、既に商品ラインナップに含まれています。

指定運用方法商品(デフォルト商品)

運用の指図をせず一定期間が経過すると自動購入される商品は、以下の通りです。

加入者の生年月日指定運用方法商品
~1972年12月31日マイターゲット2030(確定拠出年金向け)
1973年1月1日~1977年12月31日マイターゲット2035(確定拠出年金向け)
1978年1月1日~1982年12月31日マイターゲット2040(確定拠出年金向け)
1983年1月1日~1987年12月31日マイターゲット2045(確定拠出年金向け)
1988年1月1日~1992年12月31日マイターゲット2050(確定拠出年金向け)
1993年1月1日~1997年12月31日マイターゲット2055(確定拠出年金向け)
1998年1月1日~マイターゲット2060(確定拠出年金向け)

デフォルト商品のターゲットデート化が進行

同社のiDeCoプランにおいても、デフォルト商品の採用が決定しました。

同社に限らず、デフォルト商品としてターゲットデート型を採用する運営管理機関が増えており、それ自体は概ね妥当だと言えるでしょう。

ただ、本制度が始まったことにより、投資に明るくない人の間で、例えば「デフォルト商品だから安全」「他の商品は危険」などという誤解が広まらないか、少々危惧しています。

iDeCoが本格的に普及し、加入者が能動的にリスク商品を選択するようになった暁には、本制度を見直すべきかもしれないと、私は考えています。

ソーシャルボタン

ツイート
シェア
LINE
ブックマーク
Pocket

スポンサーリンク

スポンサーリンク

関連コンテンツ

関連記事

前後記事

前後の記事を表示します

推薦記事

お薦めの記事を表示します(記事公開直後などは表示しない場合があります)

コメント

コメント投稿時のメールアドレスは一般公開されませんのでご安心ください。