バリュートラスト|価値を生む・未来を託す・投資を歩く
実践重視の投資と家計管理の記録、運用管理に役立つアセットツール、最新ニュースをお届けする投資ブログです。

お知らせ

SBI証券が個人型確定拠出年金(iDeCo)の商品ラインナップを整理へ

SBI証券のロゴのイメージ

SBI証券が2018年8月10日付で、個人型確定拠出年金(iDeCo)の商品ラインナップを整理する予定であると発表しています。

案内によると、運用商品の上限数を35本以下とするために、ファンド26本(63本中)と定期預金1本(2本中)、年金保険2本(2本中)を除外し、計35本とします。

除外ファンドの一覧

表内の信託報酬率(%)は、すべて税抜です。

アセットクラス名称信託報酬率
国内株式MHAM TOPIXオープン0.650
国内株式ニッセイ日経225インデックスファンド0.250
国内株式朝日ライフ日経平均ファンド(愛称にぃにぃGo)0.500
国内株式日経225ノーロードオープン0.800
国内株式三井住友・バリュー株式年金ファンド1.300
国内株式DCグッドカンパニー(社会的責任投資)1.420
先進国株式インデックスファンド海外株式ヘッジあり(DC専用)0.280
新興国株式ハーベストアジアフロンティア株式ファンド1.340
新興国株式シュローダーBRICs株式ファンド1.880
国内債券野村日本債券ファンド(確定拠出年金向け)0.550
先進国債券三井住友・DC外国債券インデックスファンド0.210
先進国債券インデックスファンド海外債券ヘッジあり(DC専用)0.260
先進国債券EXE-i先進国債券ファンド0.394
先進国債券SBI-PIMCOジャパン・ベターインカム・ファンド(愛称ベタイン)0.554
先進国債券グローバル・ソブリン・オープン(DC年金)1.250
国内REITDCニッセイJ-REITインデックスファンド0.550
国内REITMHAM J-REITアクティブファンド<DC年金>1.000
先進国REITEXE-iグローバルREITファンド0.332
先進国REIT野村世界REITインデックスファンド(確定拠出年金向け)0.530
コモディティダイワ/"RICI"コモディティ・ファンド1.8225
複合eMAXIS最適化バランス(マイゴールキーパー)0.500
複合eMAXIS最適化バランス(マイディフェンダー)0.500
複合eMAXIS最適化バランス(マイミッドフィルダー)0.500
複合eMAXIS最適化バランス(マイフォワード)0.500
複合eMAXIS最適化バランス(マイストライカー)0.500
複合DCニッセイ/パトナム・グローバルバランス(債券重視型)1.110

「苦渋の決断」も見え隠れ

除外ファンド26本を眺めてみると、旧世代のインデックスファンド17本と、同社ラインナップのうち相対的に人気が低いと思われるアクティブファンド9本に大別されています。

旧世代のインデックスファンドについては、コスト競争力のないものは無論のこと、大人気だった「ニッセイ日経225インデックスファンド」やEXE-iシリーズ2本などが含まれており、競合商品間で明暗を分けたものもあります。

アクティブファンドについては、一世を風靡した「グロソブ」や「ベタイン」が含まれており、時代と人気の移り変わりが感じられます。

なお、対象の26本を保有している場合、2018年4月30日時点の数量については継続保有が可能ですが、それを上回る数量については自動的に現金化されるとのことで、対象者には案内を郵送するとのことです。

今回の除外により、運用商品を35本ちょうどに収めるのは良いのですが、その後に商品を追加する可能性について、果たしてSBI証券は想定しているのか否か、少々気になります。

運用商品の入れ替えは、新陳代謝を促すためにも適宜行うのが望ましいでしょうし、例えば、常に業界最低水準のコストを目指す「eMAXIS Slim」シリーズの採用なども検討して欲しいところです。

SBI証券のiDeCoは、低廉な手数料と豊富な商品数で人気を博しています。競合との熾烈な争いは、今後もまだまだ続くでしょうから、各社の「次の一手」を楽しみに待ちたいと、私は思っています。

スポンサーリンク

スポンサーリンク

ソーシャルボタン

Twitter ツイート
Facebook シェア
Google +1
はてなブックマーク
Pocket

関連コンテンツ

関連記事

前後記事

前後の記事を表示します

推薦記事

お薦めの記事を表示します(記事公開直後などは表示しない場合があります)

コメント

コメント投稿時のメールアドレスは一般公開されませんのでご安心ください。