バリュートラスト|価値を生む・未来を託す・投資を歩く
実践重視の投資と家計管理の記録、運用管理に役立つアセットツール、最新ニュースをお届けする投資ブログです。

お知らせ

丸井グループの証券会社「tsumiki証券」が営業を開始

tsumiki証券のロゴのイメージ

丸井グループ傘下のtsumiki証券が2018年8月31日付で、営業を開始しています。

ニュースリリースによると、既報の通り、つみたてNISAの対象商品のうちアクティブ運用に該当する4本を積立買付できるようになっています。

サービス概要

tsumiki証券のサイトでは、サービスの概要について、以下のように案内しています。

対象者
日本在住で満20歳以上のエポスカード既存会員
口座種別
つみたてNISA口座(通常NISA口座は非対応)・特定口座(源泉徴収の有無を選択可)
積立金額
毎月0円・3,000円~50,000円(1,000円単位)
つみたてNISA口座での積立金額を34,000円以上としている場合、毎月33,333円を超える分は特定口座で買付
決済手段
エポスカードのクレジット1回払いのみ
金利・手数料
なし
ポイント制度
積立購入の実績が年2回以上ある場合、積立金額の0.1%(口座開設1年目)~0.5%(同5年目以降)相当のエポスポイントを年1回付与
エポスポイントでの買付は不可
商品ラインナップ
セゾン・バンガード・グローバルバランスファンドセゾン資産形成の達人ファンドひふみプラスコモンズ30ファンドの4本
金融商品の移管
他社への移管・他社からの移管ともに不可

なお、商品ラインナップについては、同社の基準を満たし、顧客ニーズの高いものがあれば、追加選定を検討するとしています。

優位性は薄れたものの

丸井グループが証券業への参入を発表した際、クレジットカードで投資信託を購入可能とするスキームが大変な話題となりました。

ところが、同社が営業を開始するまでの間に、楽天証券が楽天スーパーポイントでの投資信託の積立買付サービスや楽天カードでのクレジット決済サービスを相次いで発表し、同社の優位性はやや薄れてしまった感があります。

なお、丸井グループの調査によると、若年層・女性を中心に600万人以上を擁するエポスカード会員の大半が、積立目標金額を10,000円~30,000円に設定しているとのことです。

同社は、10年後に顧客数100万人と預かり資産残高1兆円を達成することを目標としていますが、果たして目論見通りに顧客を囲い込み、かつ支持されるか、引き続き注目していきたいと思います。

追記(2018年9月3日)

初出時、「楽天スーパーポイントでの投資信託の買付サービス」と記載していましたが、正しくは「楽天スーパーポイントでの投資信託の『積立』買付サービス」ですので、訂正いたしました。

ご指摘くださった読者の方に感謝申し上げます。

スポンサーリンク

スポンサーリンク

ソーシャルボタン

Twitter ツイート
Facebook シェア
Google +1
はてなブックマーク
Pocket

関連コンテンツ

関連記事

前後記事

前後の記事を表示します

推薦記事

お薦めの記事を表示します(記事公開直後などは表示しない場合があります)

コメント

コメント投稿時のメールアドレスは一般公開されませんのでご安心ください。