バリュートラスト|価値を生む・未来を託す・投資を歩く
実践重視の投資と家計管理の記録、運用管理に役立つアセットツール、最新ニュースをお届けする投資ブログです。

お知らせ

ローソン銀行のサービス概要が判明

ローソン銀行のロゴ

ローソン銀行が2018年9月10日付で、同行の公式サイトをオープンしています。

公式サイトによると、「マチという人の暮らしの場に貢献する金融サービスの提供」を目指すとしています。

なお、口座開設の申し込みは、2018年10月15日より開始するとのことです。また、同行の銀行コードは、0042となる模様です。

サービス概要

同行のサービス概要については、以下の通りです。

円預金
円普通預金円定期預金
振込
他行振込手数料216円
ATM
ローソンなどに設置しているローソン銀行ATMで平日・休祝日問わず9:00から19:00まで入出金無料
キャッシュカード
ICキャッシュカード
クレジットカード
三菱UFJニコスとの提携カード(2019年1月発行開始予定)
ネット入金サービス
証券会社などへの入金が可能
支店
食品関連の支店名を設定
口座開設者の誕生月に応じて支店を決定(1月おもち・2月チョコ・3月おすし・4月カフェ・5月おにぎり・6月サラダ・7月アイス・8月フルーツ・9月パスタ・10月おべんとう・11月スープ・12月デザート)
ポイントサービス
Pontaポイントを付与

サービスや手数料体系の改善に期待

同行の全容がついに明らかとなってきました。

全国のローソンに設置している同行ATMを無料で使えるのは大きなメリットですが、時間帯が日中に限られており、「急な飲み会でお金が必要だ」といった場面で時間外手数料がかかる可能性があるのは、少々残念です。

また、現在のところ、他行振込手数料についても有料とのみ記載しており、これらに無料回数が付与されるのか否かについては不明です。

その他、公共料金など各種口座振替の引落口座に指定できないなど、サービス体系にも改善の余地がありそうです。

なお、最終取引から2年以上経過した残高1万円未満の普通預金口座は「未使用口座」となり、「未使用口座管理手数料」として毎年1,296円(税込)の負担を求めているのが珍しいと言えるでしょう。

同行がネット銀行としてどのような立ち位置を取り、支持されていくのか、私は非常に楽しみです。

ソーシャルボタン

ツイート
シェア
LINE
ブックマーク
Pocket

スポンサーリンク

スポンサーリンク

関連コンテンツ

関連記事

前後記事

前後の記事を表示します

推薦記事

お薦めの記事を表示します(記事公開直後などは表示しない場合があります)

コメント

コメント投稿時のメールアドレスは一般公開されませんのでご安心ください。