バリュートラスト|価値を生む・未来を託す・投資を歩く
実践重視の投資と家計管理の記録、運用管理に役立つアセットツール、最新ニュースをお届けする投資ブログです。

お知らせ

大和証券の個人型確定拠出年金(iDeCo)「ダイワのiDeCo」が商品ラインナップを拡充

大和証券のロゴ

大和証券が2018年9月11日付で、同社の個人型確定拠出年金(iDeCo)「ダイワのiDeCo」プランにおいて、2018年10月1日付で商品ラインナップを拡充すると発表しています。

お知らせによると、パッシブ運用の商品としてダイワつみたてインデックスシリーズの4本、アクティブ運用の商品として「ひふみ年金」を含む2本の計6本を追加します。

追加商品のラインナップ

表内の信託報酬率(%)は、すべて税抜です。

アセットクラス名称運用会社信託報酬率
国内株式ダイワつみたてインデックス日本株式大和証券投資信託委託0.180
先進国株式ダイワつみたてインデックス外国株式大和証券投資信託委託0.205
国内債券ダイワつみたてインデックス日本債券大和証券投資信託委託0.150
先進国債券ダイワつみたてインデックス外国債券大和証券投資信託委託0.195
外国株式ダイワ米国厳選株ファンド-イーグルアイ-Bコース(為替ヘッジなし)大和証券投資信託委託1.730
内外株式ひふみ年金レオス・キャピタルワークス0.760

新旧インデックスファンドの信託報酬率比較

本プランではこれまで、伝統4資産のインデックスファンドとして「DCダイワ・インデックス」シリーズを取り扱っていましたが、今後は「ダイワつみたてインデックス」シリーズへと代替わりすることになります。

当面は両者が併存するものと考えられますが、いずれ後者に一本化されることでしょう。

なお、両者の信託報酬率を比較すると、以下の通りです。

アセットクラスDCダイワダイワつみたて
国内株式0.2500.180-0.070
先進国株式0.2500.205-0.045
国内債券0.2500.150-0.100
先進国債券0.2300.195-0.035

このように、代替わりによって他社のiDeCoプランと同等水準のコスト競争力を獲得し、本プランの魅力がますます高まっています。

手数料

手数料については、同社のサイトなどによると、以下の通りです。

移管時手数料

表内の金額(円)は、すべて税込です。

支払先金額
国民年金基金連合会2777
運営管理機関0
合計2777

加入者手数料(月額)

表内の金額(円)は、すべて税込です。

支払先金額
国民年金基金連合会103
運営管理機関0
事務委託先金融機関64
合計167

大手対面証券としての意地が見える

現在のiDeCo口座獲得競争においては、手数料が非常に割安で、かつ超低コスト商品の取り扱いのあるネット証券各社のプランが優位に立っています。

既に、運営管理機関の加入者手数料は、SBI証券のiDeCo楽天証券のiDeCoマネックス証券のiDeCo松井証券のiDeCoのいずれも0円と横並びになっています。

一方、劣勢に立たされた銀行や対面証券では、手数料の引き下げや魅力的な商品の追加などを相次いで行い、巻き返しを図っています。

大和証券のiDeCoは、大手対面証券ならではの安心感に加え、ネット証券と遜色のないコスト水準を提示しているのですから、ネット証券を含む競合他社は、本プランを脅威に感じることでしょう。

私は引き続き、各社のiDeCoプランの成熟と口座獲得競争の行く末に注目していきたいと考えています。

ソーシャルボタン

ツイート
シェア
LINE
ブックマーク
Pocket

スポンサーリンク

関連コンテンツ

関連記事

前後記事

前後の記事を表示します

推薦記事

お薦めの記事を表示します(記事公開直後などは表示しない場合があります)

スポンサーリンク

コメント

コメント投稿時のメールアドレスは一般公開されませんのでご安心ください。