バリュートラスト|価値を生む・未来を託す・投資を歩く
実践重視の投資と家計管理の記録、運用管理に役立つアセットツール、最新ニュースをお届けする投資ブログです。

お知らせ

SBI証券が個人型確定拠出年金(iDeCo)の新プラン「セレクトプラン」を発表

SBI証券のロゴ

SBI証券が2018年9月27日付で、同社の個人型確定拠出年金(iDeCo)に新プランを設定すると発表しています。

プレスリリースによると、現行プランを「オリジナルプラン」、新プランを「セレクトプラン」とし、2018年11月1日より両プラン併存のまま取り扱うとしています。

なお、プランの変更は無料となっています。

セレクトプランの概要

同社では、「低コスト」と「多様性」にこだわり、以下の36商品(うち「セレブライフ・ストーリー」シリーズ4本は1本の扱い)を選定したとしています。

表内の信託報酬率(%)は、すべて税抜です。

インデックスファンドのラインナップ

アセットクラス名称信託報酬率
国内株式eMAXIS Slim 国内株式(TOPIX)0.159
国内株式<購入・換金手数料なし>ニッセイ日経平均インデックスファンド0.159
先進国株式eMAXIS Slim 先進国株式インデックス0.109
先進国株式<購入・換金手数料なし>ニッセイ外国株式インデックスファンド0.109
先進国株式インデックスファンド海外株式ヘッジあり(DC専用)0.280
先進国株式eMAXIS Slim 米国株式(S&P500)0.160
先進国株式iFree NYダウ・インデックス0.225
新興国株式eMAXIS Slim 新興国株式インデックス0.189
海外株式SBI・全世界株式インデックス・ファンド(愛称雪だるま(全世界株式))0.142
海外株式eMAXIS Slim 全世界株式(除く日本)0.142
海外株式EXE-i グローバル中小型株式ファンド0.312
国内債券eMAXIS Slim 国内債券インデックス0.139
先進国債券eMAXIS Slim 先進国債券インデックス0.170
先進国債券インデックスファンド海外債券ヘッジあり(DC専用)0.260
新興国債券iFree 新興国債券インデックス0.220
国内REIT<購入・換金手数料なし>ニッセイJリートインデックスファンド0.250
先進国REIT三井住友・DC外国リートインデックスファンド0.280
三菱UFJ純金ファンド(愛称ファインゴールド)0.900
複合eMAXIS Slim バランス(8資産均等型)0.159
複合セレブライフ・ストーリー20250.653
複合セレブライフ・ストーリー20350.657
複合セレブライフ・ストーリー20450.660
複合セレブライフ・ストーリー20550.642

アクティブファンドのラインナップ

アセットクラス名称信託報酬率
国内株式ひふみ年金0.760
国内株式つみたて椿0.900
国内株式SBI中小型割安成長株ファンド ジェイリバイブ<DC年金>(愛称jrevive<DC年金>)1.500
国内株式(近日公開予定)
先進国株式農林中金<パートナーズ>米国株式長期厳選ファンド0.900
先進国株式ラッセル・インベストメント外国株式ファンド(DC向け)1.330
先進国株式朝日Nvestグローバルバリュー株オープン(愛称Avest-E)1.800
新興国株式ハーベスト アジア フロンティア株式ファンド1.990
海外株式セゾン資産形成の達人ファンド1.308
先進国債券SBI-PIMCO 世界債券アクティブファンド(DC)0.754
複合iFree 年金バランス0.159
複合SBIグローバル・バランス・ファンド0.274
複合セゾン・バンガード・グローバルバランスファンド0.563

指定運用商品

同社は、指定運用商品として「SBIグローバル・バランス・ファンド」を選定しています。

手数料

手数料体系については、両プランとも同一となっています。

移管時手数料

表内の金額(円)は、すべて税込です。

支払先金額
国民年金基金連合会2,777
運営管理機関0
合計2,777

加入者手数料(月額)

表内の金額(円)は、すべて税込です。

支払先金額
国民年金基金連合会103
運営管理機関0
事務委託先金融機関64
合計167

選び抜かれた精鋭たち

従来のオリジナルプランについては、SBI証券が個人型確定拠出年金(iDeCo)の商品ラインナップを整理への記事の通り、旧世代のインデックスファンドを中心に26本を除外するものの、依然として窮屈さを感じさせるラインナップとなっています。

一方、今回のセレクトプランについては、最新世代の超低コストインデックスファンドを中核に据え、同じく最新のものを含むアクティブファンドが華を添える形となっています。

個人的には、以下のポイントに注目しています。

  • 信託報酬率が競合より0.300ポイントも低い「iFree 新興国債券インデックス」がついに日の目を見た点
  • 「GPIF基本ポートフォリオ」への連動を目標とする「iFree 年金バランス」を選択可能な点
  • eMAXIS Slimシリーズと<購入・換金手数料なし>シリーズがこちらでも火花を散らすことになる点
  • 「SBI-PIMCO 世界債券アクティブファンド(DC)」と「SBIグローバル・バランス・ファンド」の2本が間もなく新規設定される新ファンドである点
  • アクティブファンドの信託報酬率を2%未満に抑えている点

SBI証券のiDeCoは歴史が長い分、ラインナップの新陳代謝が課題となっていましたが、今回の新プランにより、競合の楽天証券のiDeCoマネックス証券のiDeCo松井証券のiDeCoに追いついたと言えるでしょう。

eMAXIS Slimシリーズは、競合ファンドの最低信託報酬率に追従すると謳い、これまで有言実行していますから、ラインナップの入れ替えが難しいiDeCoでは、特に貴重な存在です。

また、<購入・換金手数料なし>シリーズは、純資産総額の積み上がりによる運用コスト削減分を、信託報酬率の引き下げという形で受益者に還元しており、大変に人気を集めています。

これで、競合ネット証券は再び脅威にさらされることになりますから、今後、サービス面を中心に、何らかの対抗策を繰り出してくる可能性も十分に考えられます。

今後も引き続き、各社の動向を楽しみに見ていきたいと、私は思っています。

ソーシャルボタン

ツイート
シェア
LINE
ブックマーク
Pocket

スポンサーリンク

スポンサーリンク

関連コンテンツ

関連記事

前後記事

前後の記事を表示します

推薦記事

お薦めの記事を表示します(記事公開直後などは表示しない場合があります)

コメント

コメント投稿時のメールアドレスは一般公開されませんのでご安心ください。