バリュートラスト|価値を生む・未来を託す・投資を歩く
実践重視の投資と家計管理の記録、運用管理に役立つアセットツール、最新ニュースをお届けする投資ブログです。

お知らせ

楽天と楽天証券が楽天スーパーポイントを用いた「ポイント運用 by 楽天PointClub」を開始

楽天のロゴのイメージ

楽天と楽天証券が2018年10月3日付で、楽天スーパーポイントの運用サービス「ポイント運用 by 楽天PointClub」を同日付で開始したを発表しています。

お知らせによると、楽天スーパーポイント保有者であれば、楽天証券の口座がなくても本サービスを利用可能としています。

サービス概要

ポイント運用 by 楽天PointClubは、楽天スーパーポイントの運用サービスであり、運用コース・ポイント数を指定すれば、すぐに開始できます。

運用コースは、「アクティブコース」(積極的)と「バランスコース」(安定的)の2種類を用意していますが、具体的にどの投資信託に対応しているのかは、特に記載されていません。

運用コースは、「アクティブコース」(積極的)と「バランスコース」(安定的)の2種類を用意しており、前者は楽天・インデックス・バランス・ファンド(株式重視型)、後者は楽天・インデックス・バランス・ファンド(債券重視型)の基準価額を参照するとしています。

ポイント数は、預入時は100ポイント以上100ポイント単位、引出時は1ポイント以上1ポイント単位となっており、気軽に利用できるのが魅力です。

なお、類似のサービスとして、クレディセゾンのポイント運用サービスや、NTTドコモのポイント投資が挙げられます。

ポイントを投資の呼び水へ

本サービスは、楽天スーパーポイントに関して楽天証券が相次いで打ち出した、投資信託のポイント買付サービスクレジット決済サービスに続くものとなります。

ただし、本サービスは、運営主体が楽天であることからも想像できる通り、むしろ投資未経験者をターゲットにしたものと考えられます。

つまり、楽天市場を核とする「楽天経済圏」においてポイントの恩恵を受けているものの、投資には抵抗のある層に運用を体感してもらうことが目的であり、同社も、本サービスが投資の呼び水となることを期待しています。

ネット証券では現在、手数料競争からポイントなどのサービス競争へと軸足が移ってきています。今後も、利用者に嬉しいサービスの開発を期待したいですね。

追記(2018年10月4日)

「アクティブコース」と「バランスコース」に対応する投資信託がそれぞれ判明したため、本文を差し替えました。

ソーシャルボタン

ツイート
シェア
LINE
ブックマーク
Pocket

スポンサーリンク

スポンサーリンク

関連コンテンツ

関連記事

前後記事

前後の記事を表示します

推薦記事

お薦めの記事を表示します(記事公開直後などは表示しない場合があります)

コメント

コメント投稿時のメールアドレスは一般公開されませんのでご安心ください。