バリュートラスト|価値を生む・未来を託す・投資を歩く
実践重視の投資と家計管理の記録、運用管理に役立つアセットツール、最新ニュースをお届けする投資ブログです。

お知らせ

住信SBIネット銀行が対応銀行間のリアルタイム送金サービスを手数料無料で開始

住信SBIネット銀行のロゴのイメージ

住信SBIネット銀行が2018年10月4日付で、「Money Tap」(マネータップ)との連携による新送金サービスを同日付で開始したと発表しています。

プレスリリースによると、個人口座間の送金に限り、専用アプリを用いることで、対応銀行間のリアルタイム送金が可能となります。

Money Tapは、SBI Ripple Asiaが事務局を務める「内外為替一元化コンソーシアム」の運営するサービスであり、現時点では住信SBIネット銀行スルガ銀行りそな銀行の3行が本サービスに対応しています。

本サービスは無料で利用可能であり、同行のスマートプログラムのランク判定にかかわらず、1回につき30,000円まで、1日につき100,000円までの送金を手数料無料で行えます。なお、所定金額や所定回数を超える送金はできないとのことです。

対応銀行が増えてくれると、本サービスの利用価値がぐんと増しますから、今後が楽しみですね。

ソーシャルボタン

ツイート
シェア
LINE
ブックマーク
Pocket

スポンサーリンク

関連コンテンツ

関連記事

前後記事

前後の記事を表示します

推薦記事

お薦めの記事を表示します(記事公開直後などは表示しない場合があります)

スポンサーリンク

コメント

コメント投稿時のメールアドレスは一般公開されませんのでご安心ください。