バリュートラスト|価値を生む・未来を託す・投資を歩く
実践重視の投資と家計管理の記録、運用管理に役立つアセットツール、最新ニュースをお届けする投資ブログです。

お知らせ

AM-Oneの「マネックス資産設計ファンド」シリーズ3本が信託報酬率を引き下げ

AM-Oneのロゴのイメージ

AM-Oneがマネックス証券向けに提供している「マネックス資産設計ファンド」シリーズ3本の信託報酬率が、2018年10月12日付で引き下げられています。

AM-Oneからの発表はありませんが、マネックス証券が最新情報で開示しています。

対象の3本は、以下の通りです。表内の新旧信託報酬率の単位は%、引き下げ幅の単位はポイントです。

ファンド名称旧信託報酬率新信託報酬率引き下げ幅
マネックス資産設計ファンド<育成型>0.9500.500-0.450
マネックス資産設計ファンド<隔月分配型>0.9500.500-0.450
マネックス資産設計ファンド エボリューション1.0000.550-0.450

注目は何と言っても引き下げ幅です。さすがに「半額」とはなりませんでしたが、ようやく低コストと言える範囲に収まってきました。

なお、3本の商品性は、以下の通りです。

  • 「マネックス資産設計ファンド<育成型>」と「マネックス資産設計ファンド<隔月分配型>」は、国内・先進国の株式・債券・REITの6アセットクラスを投資対象とするバランスファンドです。アセットアロケーションは、各アセットクラスの推計リスク・リターンに基づき決定します。
  • 「マネックス資産設計ファンド エボリューション」は、先進国・新興国の株式・債券と先進国REITの5アセットクラスを投資対象とするバランスファンドです。アセットアロケーションは、各アセットクラスの推計リスク・リターンに基づき決定します。

各ポートフォリオの最終的な目標リスク・リターン水準が示されていない点は、やや不親切かもしれませんが、商品性に特段変わったところはなく、ごく普通のものだと言えるでしょう。

競合商品と比べてみると、コスト面では依然として不利なことには変わりませんが、まずは引き下げの決断と実行を率直に歓迎したいと、私は思っています。

併せて、マネックス証券が同日付で、マネックス証券のiDeCoにおいて「マネックス資産設計ファンド<育成型>」を採用し、同ファンドを指定運用方法として採用したと発表しています。

eMAXIS Slimシリーズを含む同社のiDeCoラインナップにおいて、同ファンドが必ずしも最適とは言えないかもしれませんが、指定運用方法に預金ではなくファンドを採用した点についても、同様に評価したいところです。

ソーシャルボタン

ツイート
シェア
LINE
ブックマーク
Pocket

スポンサーリンク

スポンサーリンク

関連コンテンツ

関連記事

前後記事

前後の記事を表示します

推薦記事

お薦めの記事を表示します(記事公開直後などは表示しない場合があります)

コメント

コメント投稿時のメールアドレスは一般公開されませんのでご安心ください。