バリュートラスト|価値を生む・未来を託す・投資を歩く
実践重視の投資と家計管理の記録、運用管理に役立つアセットツール、最新ニュースをお届けする投資ブログです。

お知らせ

SBI証券とCCCマーケティングがTポイントを使える「SBIネオモバイル証券」を設立

SBI証券とCCCマーケティング(T-POINT)のロゴのイメージ

SBI証券が2018年10月30日付で、CCCマーケティングとの合弁により、スマホ証券「SBIネオモバイル証券」を同日付で設立したと発表しています。

プレスリリースによると、新証券会社へのTポイントプログラム導入と合わせて、SBI証券においても、取引に応じたTポイントの付与や、Tポイントによる金融商品の買付サービスを提供する予定だとしています。

SBIネオモバイル証券の概要

2019年春に開業予定のSBIネオモバイル証券では、主に以下のサービスを提供します。

  • 取引に応じてTポイントを付与するサービス
  • Tポイントを使って金融商品を買付できる「Tポイント投資」サービス
  • 格安の手数料体系
  • スマホ完結型で投資経験の少ない顧客でも利用しやすい取引環境の提供
  • Tポイントプログラムに蓄積された購買データに基づき最適化された投資情報の提供
  • ロボアドバイザーWealthNavi(ウェルスナビ)の提供

一般消費者の取り込みが急務

対面証券に限らずネット証券や独立系企業でも、投資未経験層を取り込むための動きが最近にわかに活発化しています。

具体的には、KDDIと大和証券グループによるKDDI-AMの設立、丸井グループによるtsumiki証券の設立、LINE FinancialとFOLIOによるLINEスマート投資の提供などが挙げられます。

これらの新証券会社に共通するのは、魅力的な手数料体系の提示や商品選択・売買のしやすさなどといった従来型の金融サービスの延長だけでなく、スマホ中心の取引環境の整備やポイントサービスの提供など、一般消費者への馴染みやすさを重視しています。

SBI証券は、ネット証券としては盤石な地盤を築いていますが、一般消費者は依然として証券会社を敬遠しがちであり、十分な顧客数の取り込みを期待できないと判断したのでしょう。

したがって、証券会社による金融サービスの提供と並行して、一般消費者の行動様式に沿った「新しい」金融サービスの提供を目指す動きは、今後も続きそうです。

案外、革新的・画期的な金融サービスがそう遠くないうちに誕生するかもしれないと想像すると、今後の新証券会社の動向が非常に楽しみですね。

ソーシャルボタン

ツイート
シェア
LINE
ブックマーク
Pocket

スポンサーリンク

スポンサーリンク

関連コンテンツ

関連記事

前後記事

前後の記事を表示します

推薦記事

お薦めの記事を表示します(記事公開直後などは表示しない場合があります)

コメント

コメント投稿時のメールアドレスは一般公開されませんのでご安心ください。