バリュートラスト|価値を生む・未来を託す・投資を歩く
実践重視の投資と家計管理の記録、運用管理に役立つアセットツール、最新ニュースをお届けする投資ブログです。

お知らせ

三井住友AMの一般・DC併売インデックスファンド2本が信託報酬率を引き下げ

三井住友AMのロゴのイメージ

三井住友AMが2018年11月22日付で、同社が一般向けとDC向けに併売している超低コストインデックスファンドのうち、国内REIT連動型と先進国REIT連動型の2本について、同日付で信託報酬率を引き下げたと発表しています。

お知らせ(その1その2)によると、対象の2本は、以下の通りです。表内の新旧信託報酬率の単位は%、引き下げ幅の単位はポイントです。

ファンド名称旧信託報酬率新信託報酬率引き下げ幅
三井住友・DC日本リートインデックスファンド0.2600.250-0.010
三井住友・DC外国リートインデックスファンド0.2800.270-0.010

DC向けとしては、楽天証券のiDeCoなどがこの2本を取り扱っていることから、特にiDeCo利用者への朗報となるのは間違いありません。

同社では今のところ、超低コストインデックスファンドをシリーズ化していませんが、今回の引き下げを機に同社ファンドの認知度が高まり、純資産総額の一層の積み上げにも繋がって欲しいと、私は期待しています。

ソーシャルボタン

ツイート
シェア
LINE
ブックマーク
Pocket

スポンサーリンク

関連コンテンツ

関連記事

前後記事

前後の記事を表示します

推薦記事

お薦めの記事を表示します(記事公開直後などは表示しない場合があります)

スポンサーリンク

コメント

コメント投稿時のメールアドレスは一般公開されませんのでご安心ください。