バリュートラスト|価値を生む・未来を託す・投資を歩く

実践重視の投資と家計管理の記録、運用管理に役立つアセットツール、最新ニュースをお届けする投資ブログです。

レオス・キャピタルワークスが東証マザーズ市場への上場を延期

レオス・キャピタルワークスのロゴのイメージ

レオス・キャピタルワークスが2018年12月20日付で、東証マザーズ市場への新規上場を延期したと発表しています。

ニュースリリースによると、その理由として、コーポレートガバナンスや内部管理体制の有効性に関して万全を期すためとしています。

同社は、2018年11月19日付で新規上場が承認されたばかりですが、上場の目的や調達した資金の用途などについても依然として明確にしておらず、何やら不穏な空気が漂ってきました。

もっとも、延期の理由として挙げた点については、同社のトップで創業者でもある藤野英人氏の影響力があまりに絶大だからでしょう。同社と同氏との関係は、投資家にとって不安要素となり得ますから、予め明確化しておく必要があるのは言うまでもありません。

なお、新規上場手続きの再開時期は未定としており、場合によっては中止する可能性もありそうです。

本件が、同社の看板商品である「ひふみ」シリーズの運用に悪影響を及ぼさないことを願うばかりです。

ソーシャルボタン

  • ツイート
  • シェア
  • LINE
  • ブックマーク
  • Pocket

関連記事

前後記事

前後の記事を表示します

推薦記事

お薦めの記事を表示します(記事公開直後などは表示しない場合があります)

コメント

コメント投稿時のメールアドレスは一般公開されませんのでご安心ください。

コメントを表示します

口座開設

相互リンク

  • 直近30日間の訪問数の多い順に表示します
  • 直近12時間の更新日時の新しい順に表示します

ツイート

  • ツイートの新しい順に表示します