バリュートラスト|価値を生む・未来を託す・投資を歩く

実践重視の投資と家計管理の記録、運用管理に役立つアセットツール、最新ニュースをお届けする投資ブログです。

SMBC日興証券が情報メディア「FROGGY」を「記事から株が買える」投資サービスへとリニューアル

FROGGYのロゴのイメージ

SMBC日興証券が2019年2月15日付で、オウンドメディアとして運営している「FROGGY」(フロッギー)に個別株の取引ツールを追加し、同日付で「記事から株が買える」日本初の投資サービスへリニューアルしたと発表しています。

ニュースリリースによると、創業101年を迎え「お客さま本位のデジタライゼーション」を掲げる同社が、新しい証券会社を誕生させる気概を持って開発したとしており、大手証券会社としては異例ずくめの新機軸を打ち出しています。

サービス概要

FROGGYでは、これまで情報メディアとして蓄積してきた記事などのコンテンツを、引き続き無料で提供します。

その上で、「記事からそのまま株が買える」のコンセプトに沿った取引ツールを提供し、記事で紹介されている企業に気になるものがあれば、そのまま該当銘柄を注文できるように工夫しています。

同社では、投資サービスとしてのFROGGYは、以下の5点を「カエル」(変える)ものとしています。

銘柄との出会い方
記事を通じて出会った企業の株をそのまま買える投資プロセスを提供します。
株の売買の方法
東証に上場している約3,700銘柄を対象に500円から購入できる仕組みを提供します。
手数料体系
買付手数料の無料化(約定金額が100万円以下の場合)やVWAP取引(出来高加重平均取引)を大手証券会社として初めて提供します。
投資教育
投資家の立場や状況を踏まえ、あるいは経済動向や市況に応じて実践的に学習できる700本以上のコンテンツを提供します。
取引画面
投資未経験者だけでなく、億単位の資産を有する投資家の声にも耳を傾けて設計した、シンプルで分かりやすい画面デザインを提供します。

急がば回れ・損して得取れの精神が素晴らしい

同社は、本サービスで提供するコンテンツと取引ツールをシームレスに繋ぎ、学習と実践を一体化することが良質な投資体験に繋がり、投資体験を繰り返すことが投資家の成長に繋がるものと考えています。

また、投資未経験者は少額から投資を始めたい一方、まとまった額の投資資金が必要だと考えがちであり、それが心理的なハードルになっているものと分析し、最低取引金額を500円に設定しています。

さらに、同じくハードルの高い売買タイミングへの悩みを解消すべく、その日の平均価格で取引できるVWAP取引を採用し、ネット証券と同等のコスト競争力を実現すべく、約定金額100万円までの買付手数料を無料化しています。

目先の手数料稼ぎが先細りしていく一方の証券業界が生き残るためには、個人投資家の裾野の拡大が必要不可欠です。

そして、これを実現するために同社の出した答えが本サービスであり、その原点は「急がば回れ」あるいは「損して得取れ」の精神にあるのだろうと、私は感じ取りました。

本サービスは、単体の事業としては間違いなく赤字になるでしょうし、ともすれば既存事業の運営にも悪影響を及ぼしかねません。

しかし、投資サービスとしてのFROGGYのサービス内容や開発の経緯を踏まえれば、同社が何年も先を見据えて本サービスに取り組んでいることが分かります。また、ネット証券への対抗意識も、本サービスの取引手数料や最低取引金額から容易に想像できます。

個人的には特にVWAP取引に惹かれていますが、個々のサービス内容よりもまずは、同社の決意を高く評価したいと思います。

ソーシャルボタン

  • ツイート
  • シェア
  • LINE
  • ブックマーク
  • Pocket

関連記事

前後記事

前後の記事を表示します

推薦記事

お薦めの記事を表示します(記事公開直後などは表示しない場合があります)

コメント

コメント投稿時のメールアドレスは一般公開されませんのでご安心ください。

コメントを表示します

口座開設

相互リンク

  • 直近30日間の訪問数の多い順に表示します
  • 直近12時間の更新日時の新しい順に表示します

ツイート

  • ツイートの新しい順に表示します