バリュートラスト|価値を生む・未来を託す・投資を歩く

実践重視の投資と家計管理の記録、運用管理に役立つアセットツール、最新ニュースをお届けする投資ブログです。

大和証券投資信託委託が「ダイワつみたてインデックス」シリーズ4ファンドの信託報酬率を引き下げへ

大和証券投資信託委託のロゴのイメージ

大和証券投資信託委託が2019年6月5日付で、ダイワつみたてインデックスシリーズ4ファンドの信託報酬率引き下げと3ファンドの新規追加を発表しています。

プレスリリースによると、対象ファンドは国内株式・先進国株式・国内債券・先進国債券の4本すべて、引き下げ日は2019年8月24日付となっています。

新規追加の3ファンドについては、2019年5月27日付の大和証券投資信託委託が「ダイワつみたてインデックス」シリーズにバランスファンド3本を追加の記事の通りです。

概要

概要については、以下の通りです。

信託報酬率(税抜)の単位は%、引き下げ幅の単位はポイントです。

ファンド名称旧信託報酬率新信託報酬率引き下げ幅
ダイワつみたてインデックス日本株式0.1800.140-0.040
ダイワつみたてインデックス日本債券0.1500.120-0.030
ダイワつみたてインデックス外国株式0.2050.140-0.065
ダイワつみたてインデックス外国債券0.1950.140-0.055

「大和証券のiDeCo」のコスト競争力が大幅アップへ

本シリーズは、2018年8月16日の新規設定時より超低コストを志向していたものの、競合ファンドが相次いで信託報酬率を引き下げた結果、少々見劣りするようになっていました。

また、本シリーズを採用する「大和証券のiDeCo」においても、同様の理由により、競合他社のiDeCoプランからコスト面で引き離され始めていました。

同社が今回、競合ファンドと対等に渡り合える水準に引き下げることで、本シリーズや「大和証券のiDeCo」のテコ入れを狙っているのは間違いないでしょう。

これにより、「大和証券のiDeCo」の競争力が大幅に引き上げられ、超低コストiDeCoプランとしてもトップランナーに返り咲くことになります。

大和証券のiDeCoは、競合他社と互角のコスト水準でありながら、大手対面証券ならではの安心感も享受できる点が最大の武器です。

今回の引き下げを機に、各社のiDeCoプラン間の競争が再活性化し、ひいてはiDeCo加入者の増加へと繋がることを期待したいですね。

ソーシャルボタン

  • ツイート
  • シェア
  • LINE
  • ブックマーク
  • Pocket

関連記事

前後記事

前後の記事を表示します

推薦記事

お薦めの記事を表示します(記事公開直後などは表示しない場合があります)

コメント

コメント投稿時のメールアドレスは一般公開されませんのでご安心ください。

コメントを表示します

口座開設

相互リンク

  • 直近30日間の訪問数の多い順に表示します
  • 直近12時間の更新日時の新しい順に表示します

ツイート

  • ツイートの新しい順に表示します