バリュートラスト|価値を生む・未来を託す・投資を歩く

実践重視の投資と家計管理の記録、運用管理に役立つアセットツール、最新ニュースをお届けする投資ブログです。

AM-OneがDC向け超低コストインデックスファンド「One DC」シリーズに3本を追加

AM-Oneのロゴのイメージ

EDINETの有価証券届出書によると、AM-Oneが2019年6月28日付で、DC向け超低コストインデックスファンド「One DC」シリーズに新規ファンド3本を追加します。

本シリーズは、2019年4月15日付でOne DC 先進国株式インデックスファンドの新規設定によりシリーズ化しましたが、後続ファンドの登場により、シリーズの穴が徐々に埋まっていくこととなります。

ラインナップ

表内の信託報酬率(%)は、すべて税抜です。

先進国・新興国のインデックスは、すべて円ベースです。

名称ベンチマーク信託報酬率
One DC 先進国株式インデックスファンドMSCI-KOKUSAI(配当込み、為替ヘッジなし)0.109
One DC 新興国株式インデックスファンドMSCIエマージング・マーケット・インデックス(配当込み、為替ヘッジなし)0.189
One DC 国内債券インデックスファンドNOMURA-BPI総合0.120
One DC 先進国債券インデックスファンドFTSE世界国債インデックス(除く日本、為替ヘッジなし)0.140
One DC 先進国リートインデックスファンドS&P先進国REITインデックス(除く日本、配当込み、為替ヘッジなし)0.200

「たわらノーロード」シリーズへの波及はあるのか

今のところ、本シリーズには国内株式・新興国債券・国内REITのアセットクラスに対応するインデックスファンドが存在しません。

同社は現在、DC向け新興国債券インデックスファンドを設定・運用していませんが、残る国内株式・国内REITについては、新規設定ないし既存ファンドの名称変更が考えられます。

後者の場合であれば、DIAM DC 国内株式インデックスファンド(信託報酬率0.150%)や国内リートインデックスファンド<DC年金>(信託報酬率0.250%)が候補となりそうです。

一方、同社の「たわらノーロード」シリーズもDC向け採用実績が豊富であり、系列のみずほ銀行をはじめ、楽天証券のiDeCo松井証券のiDeCoマネックス証券のiDeCoイオン銀行のiDeCoなどが採用しています。

このほか、つみたてNISAの対象ファンドとしても登録済みであり、ネット証券を中心に多数の取り扱い実績を有しています。

しかし、同シリーズは現在、超低コスト競争を静観している状態であり、競合よりも割高な感は否めません。

そのため、本シリーズが今後、既存ファンドの信託報酬率引き下げへと波及するか否かにも注目していきたいですね。

おことわり

有価証券届出書は、金融商品取引法に基づき、有価証券の発行者が内閣総理大臣に提出する書類であり、EDINETは、それら書類を閲覧するための電子開示システムです。

有価証券には、個人投資家が実質的に取引できないものも存在します。また、その旨を有価証券届出書に明記していなかったり、有価証券届出書そのものを取り下げたりする場合があります。

本記事は、有価証券届出書の開示内容に基づき作成しているため、このような事情により、読者の皆様が必ずしも当該有価証券を取引できるとは限らないことを、予めご承知おきください。

ソーシャルボタン

  • ツイート
  • シェア
  • LINE
  • ブックマーク
  • Pocket

関連記事

前後記事

前後の記事を表示します

推薦記事

お薦めの記事を表示します(記事公開直後などは表示しない場合があります)

コメント

コメント投稿時のメールアドレスは一般公開されませんのでご安心ください。

コメントを表示します

口座開設

相互リンク

  • 直近30日間の訪問数の多い順に表示します
  • 直近12時間の更新日時の新しい順に表示します

ツイート

  • ツイートの新しい順に表示します