バリュートラスト|価値を生む・未来を託す・投資を歩く

実践重視の投資と家計管理の記録、運用管理に役立つアセットツール、最新ニュースをお届けする投資ブログです。

新経済連盟が独自の株価指数「新経連株価指数」の算出・公表を開始

新経済連盟のロゴのイメージ

新経済連盟(新経連)が2019年6月20日付で、「新経連株価指数」(略称新経連指数)を独自に開発し、株価指数としての算出・公表を開始したと発表しています。

プレスリリースによると、2019年6月5日より指数の算出を開始しており、算出業務はドイツのSTOXX社に委託しています。

現時点では「お遊び」だが

新経連株価指数は、2012年6月1日を1,000とする時価総額加重平均型の株価指数であり、同団体に加盟する企業の東証上場銘柄で構成しています。

2019年6月5日時点の構成銘柄は計96社となっていますが、算出要領や銘柄毎のウェイトなどについては開示されておらず、詳細は不明です。

同団体は、2012年6月1日付で活動を開始した経済団体であり、楽天の三木谷浩史氏が代表理事を務めています。

本指数が3%キャップ付きであるとはいえ、念のため楽天(証券コード4755)の株価と時価総額を本指数と比較してみました。

項目新経連株価指数(ポイント)楽天
株価(円)時価総額(億円)
2012年6月1日時点1,000.0082414,983
2019年6月20日時点4,041.741,28318,405
成長率(%)404.2155.7122.8

各々の成長率を見る限り、本指数における楽天の株価の影響は、必ずしも大きくないと考えられます。

とはいえ、詳細が不明のままでは指数の妥当性が判断できませんから、少なくとも現時点において、本指数を投資に活用するのは不適切だと言えます。

同団体では、経済団体として初の株価指数である点をアピールしたいようですが、意味のない指数をアピールされても興味が湧かないというのが、私の率直な感想です。

今後、本指数の詳細が明らかとなり、また同団体の役割が明確となった暁には、投資への活用の機会を考えてみたいですね。

ソーシャルボタン

  • ツイート
  • シェア
  • LINE
  • ブックマーク
  • Pocket

関連記事

前後記事

前後の記事を表示します

推薦記事

お薦めの記事を表示します(記事公開直後などは表示しない場合があります)

コメント

コメント投稿時のメールアドレスは一般公開されませんのでご安心ください。

コメントを表示します

口座開設

相互リンク

  • 直近30日間の訪問数の多い順に表示します
  • 直近12時間の更新日時の新しい順に表示します

ツイート

  • ツイートの新しい順に表示します