バリュートラスト|価値を生む・未来を託す・投資を歩く

実践重視の投資と家計管理の記録、運用管理に役立つアセットツール、最新ニュースをお届けする投資ブログです。

AM-Oneが「たわらノーロード」シリーズ2ファンドの信託報酬率を引き下げへ

たわらノーロードのロゴのイメージ

AM-Oneが2019年9月13日付で、「たわらノーロード」シリーズのうち2本の信託報酬率引き下げを発表しています。

ニュースリリースによると、対象は先進国株式・8資産均等型の2本、引き下げ日は2019年10月1日付としています。

概要

概要については、以下の通りです。

信託報酬率(税抜)の単位は%、引き下げ幅の単位はポイントです。

ファンド名称旧信託報酬率新信託報酬率引き下げ幅
たわらノーロード 先進国株式0.2000.0999-0.1001
たわらノーロード バランス(8資産均等型)0.2200.140-0.080

ついについに巨人が動いた

この数年、競合各社が超低コストインデックスファンドシリーズの信託報酬率引き下げを断行しているにもかかわらず、同社はひたすら静観に徹してきました。

本シリーズは元々、巨大なマザーファンドを背景とした安定運用に定評があることから、同社としても、運用品質の高さに勝機を見出していたものと想像します。

しかし、「<購入・換金手数料なし>」と「eMAXIS Slim」の両シリーズが中心となって死闘を繰り広げてきた結果、本シリーズは競合シリーズに比べて、コスト面で明らかに見劣りする状況へと至りました。

また、運用品質に難のあった競合シリーズも、継続的な資金流入のおかげで安定運用を実現しつつあり、相対的に本シリーズの優位性が目立たなくなってしまいました。

同社は今回、本シリーズの中でも純資産総額の大きな2本を信託報酬率の引き下げ対象として選定し、先進国株式については、競合商品と同率の0.0999%へと一気に引き下げました。

したがって、同社が本シリーズのシェア挽回に向けて戦略を立て直したのは明らかですし、今回の引き下げもおそらく「最初の一歩」に過ぎないでしょう。

個人的には、同社の描いている戦略が気になるところですが、ともあれ、本シリーズが信託報酬率引き下げ競争に参戦したことを大いに歓迎します。

ソーシャルボタン

  • ツイート
  • シェア
  • LINE
  • ブックマーク
  • Pocket

関連記事

前後記事

前後の記事を表示します

推薦記事

お薦めの記事を表示します(記事公開直後などは表示しない場合があります)

コメント

コメント投稿時のメールアドレスは一般公開されませんのでご安心ください。

コメントを表示します

口座開設

相互リンク

  • 直近30日間の訪問数の多い順に表示します
  • 直近12時間の更新日時の新しい順に表示します

ツイート

  • ツイートの新しい順に表示します