バリュートラスト|価値を生む・未来を託す・投資を歩く

実践重視の投資と家計管理の記録、運用管理に役立つアセットツール、最新ニュースをお届けする投資ブログです。

三菱UFJ国際投信がeMAXIS Slimシリーズ4ファンド(全世界株式・米国株式)の信託報酬率を引き下げ

eMAXIS Slimシリーズのロゴのイメージ

三菱UFJ国際投信が2019年10月15日付で、eMAXIS Slimシリーズ4ファンドの信託報酬率引き下げを発表しています。

プレスリリースによると、対象は全世界株式3本と米国株式1本の計4本で、引き下げの実施は2019年11月12日付としています。

ファンド一覧

表内の信託報酬率(%)や引き下げ幅(ポイント)は、すべて税抜です。

名称旧信託報酬率新信託報酬率引き下げ幅
eMAXIS Slim 全世界株式(除く日本)0.1200.104-0.016
eMAXIS Slim 全世界株式(3地域均等型)0.1200.104-0.016
eMAXIS Slim 全世界株式(オール・カントリー)0.1200.104-0.016
eMAXIS Slim 米国株式(S&P500)0.1500.088-0.062

引き下げ実績の積み重ねが信頼感の醸成へ

今回の特徴として、米国株式の大幅な引き下げが目立ちます。S&P500は指数としての人気が高い上、アクセスしやすい環境が整ったことも受けて、同指数連動型インデックスファンドの純資産総額は順調な伸びを見せています。

また、全世界株式の3本については、2019年7月16日付で信託報酬率引き下げを発表したばかりであるにもかかわらず、SBIAMのSBI・バンガード・S&P500インデックス・ファンドの新規設定SBI・全世界株式インデックス・ファンドの信託報酬率引き下げを受け、機動的に信託報酬率を引き下げるを有言実行しています。

引き続き、同シリーズが超低コスト競争に緊張感をもたらす存在であり続けて欲しいですね。

ソーシャルボタン

  • ツイート
  • シェア
  • LINE
  • ブックマーク
  • Pocket

関連記事

前後記事

前後の記事を表示します

推薦記事

お薦めの記事を表示します(記事公開直後などは表示しない場合があります)

コメント

コメント投稿時のメールアドレスは一般公開されませんのでご安心ください。

コメントを表示します

口座開設

相互リンク

  • 直近30日間の訪問数の多い順に表示します
  • 直近12時間の更新日時の新しい順に表示します

ツイート

  • ツイートの新しい順に表示します